審査が甘いカードローンの特徴とは?審査落ちした20人の体験で分かる

投稿日:2017年11月19日 更新日:

審査が甘いカードローン

審査が甘いカードローンの特徴についてまとめます。

 

そもそも審査がゆるい、通りやすいキャッシングがあるのかという疑問もあると思います。

中小、零細、闇金融の審査は甘い、と思っている方は多いことでしょう。

 

しかし安心、安全に借りられて、かつ審査が甘めの金融機関はあるのでしょうか?

実際に借入を申し込んで審査落ちしたという20人の人の聞き取り調査から考えてみました。

 

【お急ぎの方へ】

新規の借入が難しいと感じたら、おまとめローンを。
「中央リテール」なら他社で断られた方も可能性があります。

審査は最短2時間。

無事に返済が進めば、新規で借入できる可能性もあります。

⇛中央リテールの詳細ページはこちら

 

カードローン審査の仕組み・即日審査の裏側

審査能力の点数化

はじめに、カードローン審査の仕組みについて理解しておきましょう。

なぜネットで申込んだ借入審査が、10秒で結果表示されるのか…疑問に思う方もいると思います。

中には1秒診断というところもあります。

本当にちゃんと診断できているのか、疑いたくなってしまいますよね。

 

スピード審査の裏側には、サービス向上によって顧客を少しでも囲い込みたいという、金融機関の思惑があります。

また、日本全国どこから申し込んでも、均一した基準で審査が行える、「審査のスコア化」(スコアリングシステム)があります。

 

必要最低限の情報だけで診断するスコアリングシステム

借入申込の際の入力項目はさほど多くはありません。

入力のめんどくささから、途中で離脱する人を食い止めるためにも、入力項目は最小限に留められています。

一般的な必須入力項目は以下のとおりです。

  • 住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 職業
  • 会社の在籍年数
  • 年収
  • 持ち家か借家か
  • 現在の住居の居住年数
  • 他社への借入件数と借入金額

これらの項目を点数化します。

例えば、重要な審査項目のひとつ、職業であればこのような評価になります。

職業 点数
公務員・上場企業会社員 5
会社員 4
フリーランス・自営業・派遣社員・
アルバイト・外資系社員
3
水商売・パチンコなど娯楽業・芸能人 2
日雇い勤務 1

上記はあくまでもサンプルであり、実際の審査点数は、各金融機関によって異なります。

  • 公務員
  • 大手企業に長年勤めている人

こうした人が点数が高くなる傾向にあります。

「収入が安定していて、将来的にも返済能力が高い」と見なされるためです。

  • 水商売
  • パチンコ店員
  • 非正規雇用
  • 自営業

反対に、こうした離職率が高い職業の点数が低いのは、各社とも共通して言えることです。

歩合制であったり、毎月の収入が安定しない職業では「返済能力も安定しない」と見なされることが多くあります。

 

これと同じようにして年収や持ち家か賃貸か、借入件数など点数化されます。

居住年数が審査対象になるのは、引っ越しが多いのはポイントが低いとみなされるからです。

ただし、会社の都合で転勤している結果住所がよくかわるという場合は、減点対象にはなりません。

こういったケースが総合的に判断されます。

 

審査通過ラインが明確。だから審査回答は早くて正確

公平な審査

ひとつの項目につき5点満点で、6項目の審査があれば30点満点です。

そのうち合計で20点を超えれば自動的に審査通過…。

こうしておけば、金融機関の新入社員が審査業務にあたっても、公平な審査ができることになります。

 

まとめると、スコアリングにおいて高得点の人が、審査に通りやすくなります。

審査に通りやすくするべく、短期間に特典をあげられないできないシステムになっています。

また、ポイント狙いで虚偽の申請をした場合、それがバレると一括返済を求められるので絶対にやってはいけません。

 

裏を返せば、高得点が狙えないという自覚のある人は審査が甘いカードローンを狙うしかないということです。

 

審査なしのカードローンはない?どうしても審査がイヤな時

sinsa_nasi

しかし、どうしても審査を受けたくない、審査なしのカードローンがいい、という方もいると思います。

結論から言うと、審査がないカードローン、というものは存在しません。

あるとしたらそれは闇金か、あるいは法律の外で営業している悪質な貸金業者、ということになります。

【クレジットカードお持ちの方限定】

クレカのショッピング枠を換金すれば、カードローンのような審査はありません。

最短10分で即日振込

→ゴールドラッシュ

※貸金業者はありません。クレカ所有が必須です

 

なぜカードローン審査が行われるのか?

sinsa

例えば、あなたが顔も名前も知らない人に、その日のうちにお金を貸すことになった時について考えてみましょう。

あなたはお金を貸す相手のことについて何も知らされておらず、ただ「100万円貸してほしい」と言われています。

そんな時、あなたならお金を貸す相手にどんなことを聞くでしょうか。

それは、このページの冒頭で紹介した、住所や名前、年齢や職業、現在の収入などについてではないでしょうか。

どうしてそんなことを聞くのかといえば、やはり返済が滞りなく行われるかが心配だから、ですよね。

 

返済することを前提にお金を貸すからこそ、審査が必要になる

つまり、お金を貸すにしても、「きちんと返済されなければ」意味がない、ということです。

貸金業者が誰彼かまわずお金を貸していたら、商売が成り立ちませんよね。

借りる側にしても、いつでもどこでも、どんな人でもお金が借りられるようであればいけません。

  • 大きな収入があっても、それが安定しているかどうか。
  • あるいは、いま勤めている会社が倒産しかけていないかどうか。
  • 今現在、どれくらいの借入があるのか。
  • それがどの程度のペースで返済されているのか。

こうしたことは個人間だけではありません。

企業間、もちろん企業と個人間であっても、きちんとした確認=審査が必要なこと、というわけです。

 

審査のないカードローンは間違いなく危険な業者

裏を返せば、こうした審査がないカードローンは危険です。

つまり、「あなたの属性やステータスなんてどうでもいいけど、必ずお金は返してもらいます」ということ。

例えあなたがどんなに苦しい状況であっても、貸金業者は取り立てを行い続けるでしょう。

最悪の場合、暴力や恐喝などといった恐ろしいトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

こうしたことからも、「審査がないカードローン」は、存在しても絶対に利用するべきではありません。

 

カードローンで審査が甘いところは本当にあるのか?

利用者獲得したいタイミング

ネット上で、まことしやかに語られる、審査が甘いカードローン情報。

それが正しいならぜひ申し込みたいところですよね。

厳密に言えば、審査が甘い大手金融機関はありません

しかし、甘くなるタイミングはあります。

  1. 新規立ち上げの会社、新規立ち上げのサービス
  2. キャンペーンなど、獲得に力を入れている時期

 

新規立ち上げの会社、新規立ち上げのサービス

新規にできた金融機関や、既存の金融機関が新たに立ち上げたキャッシングサービスなどは、審査が甘くなる可能性があります。

2016年の有名所で言えば、docomoのDカードなどは新たなカードサービスとして立ち上がりました。

推測ですが、サービス開始当初は顧客獲得に向け審査が甘くなっていたと思います。

また、ファッションでおなじみのベルーナもカードローンサービスを開始しました。

これが既存の会社が新規でサービスインするパターンです。

こちらも、おそらくある程度貸し倒れを覚悟して新規顧客をどんどん獲得したでしょう。

2018年には旧レイクが「レイクALSA」として生まれ変わりました。

 

キャンペーンなど、獲得に力を入れている時期

獲得したい時期

キャンペーンなどで、そのカードローン会社をよく見る機会が多い時はチャンスです。

とにかく契約件数が欲しいので、多少審査が甘くなる可能性はあります。

キャンペーンの実施時期は、会社によってまちまちです。

内部の人でない限り、どういうスケジュールで実施されるかわかりません。

しかし、分かりやすいところで言えば、決算前はかなりの確率で審査が柔軟になります。

大手企業はどことも3月に決算を向かえるので、目標に達していない会社は、1月、2月くらいから追い込みをかけます。

ある程度の不良顧客も目をつぶると聞いたことがあります。

もともと、春は引っ越しや新生活などで物入りの時期なのです。

1月、2月あたりは積極的に融資を申し込んでも良いと思います。

 

審査通過率が高いところはどこ?|大手消費者金融の難易度比較

大手消費者金融の審査通過

カードローン審査はタイミングによって甘い場合があるというふうに、先に紹介しました。

しかし、なかなか甘いタイミングに巡り合ってお金を借りれるとは限っていません。

そうなれば、今ある金融機関の中から1社を選ぶ必要があります。

そこで、大手消費者金融の審査通過率から判断してみましょう。

 

審査通過率の高さはどこで見れる?

消費者金融の審査通過率は、各社が発表しているIR情報から見ることができます。

参考までにアコム、アイフル、プロミスの大手3社のIR情報を掲載しておきます。

原本のキャプチャでは小さくて見づらいので、グラフにまとめてみました。

通過率

※2016年9月期の審査通過率

この結果から見ると、アコムが最も審査通過率が高いことがわかります。

プロミスと4%以上の開きがあります。

たった4%?と思うかもしれませんが、年間数万人が貸出審査に申込ます。

仮に10万人申込んだとすれば、4%なら4,000人です。

4,000人の中に自分が入っているかもしれないと考えれば、その差は大きいと思います。

ましてや、50%以上が各社とも審査落ちしている現状を考えれば、審査通過率が高い金融機関から借りるのが無難でしょう。

 

実は銀行カードローンも審査は甘い?

銀行の審査

ここまでは消費者金融大手の審査通過率について確認しました。

では銀行カードローンの難易度はどうなのでしょうか?

残念ながら、みずほ銀行などの銀行系は、カードローンの新規契約状況を公表していません。

一般的に、銀行は堅い、だから安心感があるというイメージです。

しかし、あながち審査がとても厳しいともいい切れません。

というのも、大手銀行各社は、消費者金融を保証会社として持っています。

保証会社というのは、簡単に言えば、審査業務を代わりに行う会社です。

 

主な銀行と保証会社の関係は次のとおりです。

銀行名 保証会社
セブン銀行カードローン アコム株式会社
ソニー銀行カードローン アコム株式会社
じぶん銀行カードローン アコム株式会社
第三銀行カードローン アコム株式会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(プロミス)
住信SBIネット銀行MR.カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(プロミス)

ただし、例えばソニー銀行の保証会社がアコムだからといって、審査基準が同じとは限りません。

また、ソニー銀行を落ちたからといって、100%アコムの審査に通るとも、落ちるとも限っていません。

審査業務は代行して行うが、審査基準は別物というふうに理解しておく必要があります。

 

まとめ:消費者金融は審査通過率高め。銀行カードローンも難しくはない

まとめると、銀行カードローンは審査が簡単というわけではありません。

しかし消費者金融と比較して、格段に難しいということもありません。

金利が低い分、お得に借りることができます。

安定した収入がある20歳以上の方は、自信を持って申し込んで良いでしょう。

 

カードローン審査落ち20人の経験者から見る審査落ちの理由

審査落ちの自己分析

カードローンの審査結果については全ての金融機関が、その結果理由を公表してくれることはありません。

なので、審査落ちした当人ですら、明確な不通過理由はわからないというのが現状です。

 

ただ、審査落ちした人というのは、何かしら心当たりはあるものです。

そこで今回、実際にカードローン審査に落ちたという経験のある方20人に、「なぜ自分は審査落ちしたのか」という理由を振り返ってもらいました。

職業、年収、借入状況などが異なる20名の方の意見です。

これからお金を借りようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

審査落ちした人に多い、他社借入と滞納歴

年収(万円) 他社借入状況 審査落ちした理由の自己分析
会社員 200 2社、45万円 他社借入
会社員 600 他社借り入れなし 15年前の滞納
学生 80 他社借り入れなし 年収の少なさ
契約社員 200 2社、100万円 他社借入と身分の不安定さ
自営業 150 1社、50万円 収入の不安定さと他社借入
自営業 150 他社借り入れなし 起業して間もないため
正社員 180 他社借り入れなし 8年前の自己破産
正社員 240 1社、500万円
(奨学金)
奨学金の返済滞納
正社員 300 3社、200万円 過去に経営していた会社の負債
正社員 380 他社借り入れなし
(車のローン有)
車のローンの滞納
パート 50 本人:2社60万
夫:2社100万
年収に見合わない借入
バイト 200 1社、10万円 過去のクレカ滞納と他社借入
バイト 180 1社、9万円 他社借入
バイト 100 他社借り入れなし 年収の少なさ
バイト 150 他社借り入れなし 年収の少なさ
バイト 200 他社借り入れなし 勤務歴の短さ
バイト 150 1社、50万 勤務歴の短さ
バイト 200 1社、50万円 他社借入と身分の不安定さ
派遣社員 210 2社、20万円 他社借入と身分の不安定さ
派遣社員 240 4社、300万円 過去の滞納と携帯電話の未払い

20人の方の個人情報を見たところ、2つの傾向がわかります。

  1. 審査落ちする以前に、他社で借入している
  2. 過去に滞納歴がある

 

審査落ちする以前に、他社で借入している

他社からの借金

ひとつは、審査落ちする以前に、他社で借入している人が多いこと。

実際に他社借入なしで、カードローンに審査落ちした人は、20人中7人でした。

60%以上の人が、審査落ち前に、どこかで借りていることになります。

 

滞納歴がある

もうひとつは滞納歴がある方が多いことです。

20人中5人の方が何らかの形で、滞納を経験しています。

自己破産などの債務整理を経験している人は1人でしたた。

しかしブラックリスト入りしてしまう2ヶ月以上の滞納が4名いました。

信用情報に傷がついてしまうデッドラインは「延滞してから2ヶ月以上の延滞」です。

この事故情報は5年~10年残り、自分の意思や申し出で消してしまうことはできません。

中には15年前の滞納が、審査落ちに影響しているのではないかと考えている人もいます。

実際に10年以上前の延滞がカードローンの審査結果に影響しているかどうかは不明です。

しかし滞納経験者には厳しい審査の現実がある、ということは頭に入れておきましょう。

 

年収が低い人でも意外に審査に通りやすい?

定収入でも審査は通る

その他の審査落ち理由を見てみると、収入の少なさから審査落ちしたのではないかと考える人も3名ほどいました。

 

しかし、そのうち2名は年収60万円、80万円と100万円以下です。

月収にすれば7万円以下ということになります。

100万円を超えて、審査落ちしている人は1名だけです。

ということは、安定した収入があれば、年収100万円台(月収10万円前後)でも十分に審査に通る可能性があるということがわかります。

 

まとめ:借りすぎと、延滞による信用のなさが最も審査に影響する

年収に見合わない借金と、借入を延滞することによって、信用を失うケースが最も借りにくいということがわかります。

年収が低い、勤務歴が浅いということは、逆に延滞や他社借入がなければ、審査への影響は小さいということになります。

 

逆を返せば、延滞、他社借入が多い人は真剣に審査が甘いカードローンを探す必要があると言えるでしょう。

 

審査落ちした人に聞いた、一番審査が甘いカードローンはどこか?

大手消費者金融が共通意見

先ほど審査落ちした理由を聞いた20人の人に、審査が甘いカードローンはどこか?という質問もしてみました。

回答は見事にバラバラでした。

なので、一番甘い金融機関を絞りこむことはできませんでした。

ただし、共通意見は見つけられました。

  1. 大手消費者金融系
  2. 銀行系はダメ
  3. 中小零細の金融機関をおすすめしている人はいない

特に条件はなかったのですが、銀行系のカードローンをおすすめする人は一人もいませんでした。

社名はバラバラですが、大手消費者金融を紹介する人が19名でした。

 

また、中小の街金をおすすめする人もいませんでした。

やはり実態がわからない、情報が少ないということで、誰もが敬遠しがちなのでしょう。

借金の最後の砦なのかもしれませんが、できるだけ街金からは借りたくないというのが共通意見でした。

ただ、信用情報に傷がついていたり、大手消費者金融から借りられない方は、中小の貸金業者からの借り入れをオススメします。

→安心の街金カードローン一覧。中小貸金業者の借入条件や金利まとめ

 

まとめ:2社目、3社目は、大手消費者金融から借りる

審査落ちした人の中には、「自分は審査に落ちたけど、友人は2社落ちたあとに通った」というコメントもありました。

そういう口コミも、全て消費者金融に関するものです。

なので、現在借入中で審査が不安という方は、まず消費者金融から借りるようにしましょう。

ただし、延滞歴や債務整理歴がある方は、たとえ消費者金融であっても、審査が難しいことは言うまでもありません。

 

-審査落ち
-, ,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.