副業情報

シェアビジネスは稼げる?本業が忙しい人でもできるシェアサービス4選

更新日:

ある調査によると、中小企業の85%が社員の副業を認めていないのだとか。その理由のひとつが、副業をすれば本業がおろそかになる可能性があるからだそうです。そんな副業をめぐる状況の中で、副業に最適なサービスが続々登場しています。

その副業に最適なサービスとは「シェアサービス」です。具体的には「モノオク」「akippa(あきっぱ)」「エニカ(カーシェアリングサービス)」「Time Ticket」などです。この新しいサービスについて紹介するとともに、副業として実際にどれくらい稼げるかも検証します。

 

本業で忙しく副業する時間がない!ならば「シェアサービス」

副業といってもその種類と稼ぐ手段は様々です。企業が社員に「副業禁止!」命令を出しているのは、副業をしているヒマがあるなら本業で業績をあげてほしい、が本音でしょう。であれば本業をこなしつつ、これからは本業に差し支えない範囲で稼ぐ方法を見つけることも必要なのかもしれません。

そんな“これからの副業”に最適な「シェアサービス」について、まずは車を持っている人におすすめのシェアサービスを紹介します。

 

個人間のカーシェアリングサービス「Anyca」(エニカ)で愛車に稼いでもらう!

→エニカの詳細を確認する

 

2015年にサービスが開始された、個人間のカーシェアリングサービスの「Anyca」(エニカ)。コンセプトは「“乗ってみたい“に出会えるカーシェアアプリ」です。車の所有者(オーナー)が乗っていない車を希望者(ユーザー)に貸し出すことによって、利益を得ることができます。

 

会員登録無料で便利なサービスもあり使い勝手が抜群

サービスの利用方法は、アプリに登録するだけ。車の写真を撮る、免許証を撮影する、シェア条件の設定を行うなどの操作はあるものの、簡単にできるのも魅力です。しかも会員登録は無料で、月費用なども発生しません。

オーナーは車を登録すると、あとは車を借りたいユーザーから「予約リクエスト」が

入るのを待つだけです。オーナーの予定が合えば契約成立となり、ドライバーはクレジットカードで決済します。よって、お金が払われないということもありません。

車の引き渡しは基本的に対面で行います。とはいえ、平日は仕事で忙しいオーナーも多く遠隔操作ができる「スマートキーデバイス」というサービスもあります。スマホで開錠、施錠ができる、GPS機能が使えるなどのサービスで便利です。ちなみにAnycaのオーナー収入は、東京23区の実績調査で月に2万5000円~稼げるそうです。

 

自宅に空きスペースがあれば「モノオク」で収入をゲット!

→モノオクの詳細を確認する

 

次にご紹介するサービスは「モノオク」です。これは自宅などの空きスペースに荷物を預かる、物置きシェアサービスのことです。

 

預かるスペースは押入れやクローゼットでもOK

自宅に空きスペースがあれば気軽に始められることができます。預かるスペースは部屋だけでなく、押入れやクローゼットでもOK。仕事は荷物を預かって、期間が終了すれば持ち主に返すだけです。しかも.仕事を始めるための手続きは、モノオクに登録をすることだけと手軽です。

気軽に始められてしかも空きスペースが有効活用でき、副収入まで得られるので使わない手はありませんね。また個人間のシェアサービスとはいえ、モノオクがすべてお金のやりとりなどは行ってくれます。さらに荷物には自動的に保険がかけられますので、いざという時も安心です。

気になる収入ですが、モノオクの基本料金は荷物が二つで1000円となっています。モノオクへ支払う手数料が発生するものの、料金は利用者と交渉も可能です。まずは登録をして、利用者から声がかかることを待ってみるのはいかがでしょうか。

 

駐車場が空いているなら「akippa(あきっぱ)」のオーナーになる

→駐車場が空いてるならakippaのオーナーになってみる

 

 

 

「akippa」(あきっぱ)とは、個人間で駐車場の貸し借りができるアプリサービスです。スマホやPCがあればOK。駐車場を貸したいオーナーと、駐車場を探しているユーザーをakippaがつないでくれます。

 

報酬は利用料金の50%がオーナーに振り込まれるシステム

車を手放したので駐車場が空いている、長期出張などでしばらく駐車場が空いてしまうので有効活用したい時などにピッタリ。登録料は無料です。ユーザー側としても駐車料金が格安なうえ、15分~から1日単位で利用できるので使い勝手もよく、今や人気が高いサービスとなっています。なお報酬ですが、利用料金の50%がオーナーに振り込まれるシステムです。

 

車も空きスペースも駐車場もない!でも時間はあるならば「Time Ticket」で稼ぐ

車も空きスペースも駐車場もないけれど、時間とFacebookのアカウントを持っている人におすすめのシェアサービスが「Time Ticket」です。「Time Ticket」のコンセプトは「わたしの30分、売り始めます、あなたの30分買ってみます」となっています。

 

タイムチケットは、個人の時間を30分単位で売買できるサービス

→自分の時間をタイムチケットで売ってみる

 

 

タイムチケットとは、個人の時間を30分単位で売買できるサービスです。売る側のサービス内容は雑談などの話し相手から、お手伝い代行、カウンセリング、WEBサイト制作など幅広く取り扱っています。なお購入希望者はチケット検索で探して依頼をしてきます。

会員登録数はすでに12万人を突破しているそうです。登録をするためにはFacebookのアカウントが必要なのは、実名で登録をすることで安全性と信頼性を高めるためです。リアルのマッチングとなるため、実際に会う前に人柄を掴んでおくためにも大事なことといえます。

実際の使い方ですが、まず登録が完了するとチケットを発行します。チケット発行のやり方は、サイトに丁寧なマニュアルがあります。完了後は、購入申し込み希望者を待つだけ。希望者が来たら時間等を調整してOKなら承認します。その後、購入者に連絡をして当日合う場所などを決めれば契約完了です。

取り引きは、Time Ticketがすべて仲介してくれます。安全性に配慮をしている上に、万が一売る側に規約違反があった場合は、即退会させられます。トラブルが発生した場合はブロック機能などが使えます。レビュー評価機能もついているので購入側も事前にチェックができるので安心です。

気になる報酬ですが、売り上げの30%を手数料としてTime Ticketに支払い、残りが自分の取り分になります。本業がある人こそ、この隙間時間にできるTime Ticketは副業として向いているのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか。これから副業を始めたい、と考えている人にもおすすめのシェアサービスをご紹介しました。

部屋をちょっと片づければスペースも生まれそうです。また乗っていない車があれば愛車に稼いでもらいましょう。

これらのシェアサービスを手始めに、これからは柔軟な発想で副業で稼ぐ方法を検討してみてはいかがでしょうか。

-副業情報
-

Copyright© 月に3万から5万副収入を稼ぐ方法|お金を借りる前に!副業ジャポン , 2018 AllRights Reserved.