副業情報

会社にバレにくい副業とは?ばれないための副業選びのコツ

投稿日:

国が副業を推進しているとはいえ、まだまだ副業に理解のない企業が大半です。

とはいえ、副業がしたい人へ、耳よりな情報があります。

それは会社にバレにくい副業を選ぶことと、バレにくいコツを知ることです。

そこでバレにくい副業をご紹介するとともに、副業が会社にバレにくいコツも伝授します。

 

バレにくい副業とバレやすい副業

副業にはバレにくい副業とバレやすい副業があります。簡単にいうと、バレにくい副業はネットビジネスなど在宅でできる仕事、バレやすい副業は時給で働くアルバイトやパートです。それはなぜなのでしょうか。

 

副業はなぜバレる?鍵を握るのは「税金対策」

サラリーマンなど会社勤めの人は、年末になると「年末調整」の書類を受け取りますね。年末調整とは、1年間の給与から差し引かれていた住民税を清算する手続きのことです。これは正社員や派遣、アルバイトなど雇用形態に関係なく、いわゆる給与所得者が対象になります。

 

この年末調整の時期に、副業でも働いていたとします。その副業先の会社も給与所得であり年末調整の書類を提出した場合、本業先に副業はバレます。その理由は、年末調整の書類はひとりで2か所以上に提出できない仕組みになっているからです。やがて税務署に2件の書類が届くことになるためその結果、税務署から本業先の会社に問合せがいき副業がバレてしまうのです。

 

バレやすい副業は「給与所得」だと心得る

この事例からも分かるように、バレやすい副業とは給与所得の仕事ということになります。よって副業厳禁の会社で仕事をしているならば、給与所得の仕事は避けた方が賢明です。

 

バレにくい副業具体例

それではバレにくい副業を紹介します。バレにくい仕事とは「執筆業」「アフィリエイト」

「FXや株など投資系」です。その理由をご説明しましょう。

 

雑所得はバレにくい

所得には給与所得など10種類に分けられます。このうち、執筆業やアフィリエイト、FXなどで得た報酬でかつ、継続性のない収入を「雑所得」といいます。流行りの仮想通貨で得た収入や、ヤフオク・メルカリなどで得た利益も雑所得に分類されます。所得の種類としてほかに事業所得や譲渡・配当などありますが、雑所得はバレにくいので副業向きといえるのです。

 

しかもアフィリエイトなどネットビジネスは、自宅でパソコンがあればできるので目立ちません。FXはスマホでもできるので、本業の隙間時間にできるメリットもあります。とはいえ雑所得も、確定申告時には注意が必要です。それは、住民税の普通徴収にチェックを入れることです。これは絶対に忘れないようにしてください。

 

バレやすい副業をバレないようにする方法とは

手っ取り早くて確実に収入を得る仕事とは、時給で働くパート・アルバイトや派遣でしょう。儲かるかどうか分からないネットビジネスをやっている余裕がない、こんなケースでは副業のアルバイトが会社にバレないように工夫をするしかありません。

 

とはいえ時給で稼ぐアルバイトは、先に述べた年末調整であっけなくバレてしまうリスクがあります。さらに、本人のうっかりで会社にバレるケースもあり注意が必要です。それでは、バレやすい副業をバレないように工夫する方法を紹介します。

 

住民税に注意・確定申告で普通徴収にチェックを入れる

まずは、副業先の収入の税金関係に十分注意をしてください。年末調整の書類は副業先に提出しないで、自分で確定申告を行います。ポイントは、確定申告の書類を出す時です。住民税に関する事項の「給与から差引き」「自分で納付」の2項目のうち「自分で納付」にチェックを入れます。こうすると副業分の住民税の通知は自宅に来るので、本業先に税金情報がいくことはありません。よって給与所得の副業でも、バレるリスクは格段に減ります。

 

副業をしている事は会社の人に話さない

副業が会社にバレる原因で多いのが、実は副業をしていることを会社の同僚などにうっかり話してしまうことです。収入が増えて自慢したい気持ちや、自分は働き者だと自画自賛している本音がありませんか。ここが意外な落とし穴です。どんなに仲が良くても会社の人間には、絶対に副業の事実を話してはなりません。

 

アルバイトでも職種は選ぶ

 

アルバイトでも仕事の種類は注意して選びましょう。例えばコンビニや飲食店などは常に人手不足のため、アルバイトだとすんなり採用されるでしょう。とはいえ、不特定多数の人に見られる確率が高い接客業は、どうしてもバレやすいもの。なるべく人目につかない仕事を厳選するなど注意をすれば、バレる確率がグッと減りますよ。

 

本業の副業禁止の趣旨を熟知しておく

また、勤め先の企業がなぜ副業禁止なのかを熟知しておくことも肝心です。そのツボを押さえておけば、バレにくい副業をより選びやすくなるなど、対策が万全になるからです。例えば企業情報漏えいに対しての処罰がかなり厳しいなどの場合は、同業の副業は避けるべきだなと判断できるからです。

 

まとめ:副業バレに備えて対策を!

バレにくい副業とバレやすい副業、会社にばれないコツなどをご紹介しました。副業で収入を得ると、余裕が生まれるでしょう。さらには、普段と違う仕事ができるので気分転換にもなり一石二鳥です。これから先は、副業が当たり前の時代が来ることが予測されます。であれば、早めにその時代の流れに乗ってしまいましょう。ただし、過労にはくれぐれも注意してくださいね。

 

-副業情報
-

Copyright© 月に3万から5万副収入を稼ぐ方法|お金を借りる前に!副業ジャポン , 2019 AllRights Reserved.