副業情報

特技や資格を活かした副業で稼ごう!「着物着付け」「ヨガインストラクター」「ファイナンシャルプランナー」「インテリアコーディネーター」まとめ

更新日:

本業がありつつ行う副業は、時間的な制約などがあり実際に働く仕事は限定されがちです。であれば、特技を活かした仕事や資格を取って確実に稼げる仕事へシフトすることを検討してみるのもありです。

しかも特技や資格を活かした副業なら長期にわたって稼ぐことが可能になり、好きな事を仕事にできるメリットもあります。

今回は着物の着付けやヨガのインストラクター、ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーターをご紹介します。

 

 着物が好きならコレ!着物着付け講師

着物が好きなら、着物着付け講師がおすすめ。着物の着付けは意外に需要が多い仕事です。

例えば成人式の振袖や男性なら袴の着付け、さらに結婚式場での黒留袖の着付けや花嫁の白無垢の着付けもあります。着物の着付けができるとフリーで稼ぐこともできますし、自宅で教室を開くことも可能になります。

着物の着付けは腕一本で稼げる仕事で、副業にもピッタリです。

 

着物着付けは国家資格と民間の資格がある

着物着付けの資格は、国家資格と民間の資格があります。国家試験に合格すると、等級に応じて「〇級着付け技能士」の称号が与えられます。

とはいえ、国家資格の取得には時間がかかります。最初に民間の資格を取得した後に、現場での仕事が3年以上あるなどの条件が必須だからです。

着物着付けは民間の資格で稼ぐことが可能ですが、箔をつけるためにも将来的には国家資格を目指しましょう。

参考:http://www.kitsuke.or.jp/index.html

 

まずは自分に合う着物の着付け教室を見つける

着物の着付け講師になるためには、まずは着付け教室に通うところから始めます。

着物の着付け教室は概ね初心者、中級、上級クラスがあり、最後に着付け講師の免状が取れるコースが一般的です。

自宅や職場から通いやすい着物の着付け教室をインターネットなどで探します。

その後は体験レッスンなどに通い、自分に合う教室を見つけることが重要です。

 

資格を取るための費用の目安

着物着付け講師の資格を取るための費用の目安は、最低でも40万円前後かかります。

全国で着物の着付け教室は100か所以上あり、中には着物の販売を目的とした高額費用が発生する教室も存在するので注意してください。

またクラスが上がるごとに、着物購入が必須の教室は避けましょう。免状の取得の目安は1年くらいです。自分のペースで学べる良心的な着物着付け教室を選択することが、着付け講師免状取得の成功の鍵です。

 

ヨガが大好き!ヨガのインストラクターになって稼ぐ

女性を中心に人気が高いヨガですが、最近は男性の受講者も増えているそうです。

そんなヨガが大好きという方は、ヨガのインストラクターの資格を取って稼ぎたいと考えていませんか。実はヨガのインストラクターに国家資格はなく、民間の資格を取得するという方法が一般的です。さらに、民間の資格にも統一された規格がありません。

よってヨガ教室が所属しているヨガ団体の講師やインストラクターの資格を取れば、ヨガのインストラクターになることが可能です。

 

資格を取得する期間と費用の目安

ヨガ団体認定のインストラクターの資格を取ると、その団体認定のインストラクターとしてカルチャーセンターなどの講師として教えられる道が開けます。資格を取得する期間や料金については、ヨガ団体によって異なります。

例えばNPO法人ヨガ連盟が主宰するヨガインストラクター養成講座では一日6時間、1週間の講座で費用は11万1456円です。また、日本での知名度が高い「全米ヨガアライアンス認定資格」の資格取得では、合計で200時間の講座を受講する必要があります。かかる費用は40万円から60万円前後で期間が3ヵ月~1年と幅があります。他にも自分が通っているヨガ教室の講師に師事するという方法もあります。

参考:http://www.npo-yoga.com/ikusei/yoga_instructor.html

https://www.studio-yoggy.com/article/article/yoga/151216-01/

 

資格を取って確実に稼ぐ!

自分の好きを副業にするためには、それなりの費用と時間がかかります。同じ費用をかけるならば堅実な資格を取るという考え方もあります。

そこで比較的資格が取りやすく、仕事にも結びつきやすい「ファイナンシャルプランナー」と「インテリアコーディネーター」をご紹介します。

 

ファイナンシャルプランナーって?資格を取るメリット

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、簡単に言えば「暮らしとお金の専門家」のことです。

現在金融機関や保険業界、不動産業界で働いている人は、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しておくと社内でのキャリアアップに役立つほか、将来は独立も視野に入れられます。ファイナンシャルプランナーについてこれから勉強したいという人には、税金や年金、保険など身近なお金の知識が身に付くので視野が広がり、実生活ですぐに役立ちます。

 

費用と期間の目安

ファイナンシャルプランナーには国家資格と民間の資格があります。国家資格はFP技能士と言い、3級~1級まであります。まずは3級の資格取得を目指しましょう。民間の資格はCFPとAFPと言うものですが、こちらはファイナンシャルプランナーの資格を取った後に取得するものです。

ファイナンシャルプランナー3級の資格を取得するためにかかる費用は、テキスト代の実費と受検料金が6000円発生します。独学が不安なら、ファイナンシャルプランナーの資格取得のためのセミナー受講料などが別途発生します。その料金の目安は5万~8万円くらいです。

参考:http://www.jafp.or.jp/

http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/3kyu/index.html

 

インテリアコーディネーターで稼ぐ

インテリアコーディネーターとは、店舗や住宅などのインテリアについて専門的にアドバイスをする仕事です。資格を取るためには、社団法人インテリア産業協会が主催する「インテリアコーディネーター資格試験」を受験します。この資格がなければインテリアコーディネーターになれないという訳ではありません。

とはいえインテリアコーディネーターの資格は、もともと住宅関連企業やインテリア業界で働いている人が仕事に箔をつけるためやキャリアアップのために取得することが多いのが特徴です。

参考:http://careergarden.jp/interiorcoordinator/exam/

 

インテリアコーディネーターは誰でも受験できる

インテリアコーディネーターは誰でも受験ができるため、女性を中心に人気があります。

しかし製図の技術などが必要で、そのための学習は必須です。受験は一次試験と二次試験があり、一次試験はインテリアや建築などの基礎知識、二次試験は製図や論文が出題されます。資格取得までの学習期間は、初心者なら半年から1年くらいが目安です。

参考:https://www.interior.or.jp/examination/

 

資格を取りインテリア業界などで経験を積めば将来は独立も可能

インテリアコーディネーターの仕事に向いている人は美的センスが高く、インテリア業界や住宅関連企業の仕事が苦にならず、さらに社交性が高いことも重要です。

資格を取り、インテリア業界などで経験を積めば将来は独立も可能です。本格的にインテリアコーディネーターの勉強をしたいのであれば、専門学校へ通う方法もありますが、費用は年間で50万円以上発生します。

通信講座や独学で学ぶ方法もあり、これだと費用を抑えることができます。

 

まとめ:好きな事を副業にするには長期スパンで考えよう

好きな事を副業にするには、長期スパンで考えることが肝心です。それでも着物の着付け講師やヨガのインストラクター、ファイナンシャルプランナーやインテリアコーディネーターの資格を持っていると、副業に有利なのは間違いありません。

特技や資格は副業だけでなく、仕事の幅が広がる可能性も高いのが特徴です。であれば将来への投資と捉えて、取り組んでみてはいかがでしょうか。

-副業情報
-,

Copyright© 月に3万から5万副収入を稼ぐ方法|お金を借りる前に!副業ジャポン , 2018 AllRights Reserved.