水商売でも借りれるところは? キャバ嬢、ホステスがお金を借りたいなら

投稿日:2016年10月4日 更新日:

水商売

水商売は実入りのいい仕事だと言われています。

自分への投資など使うところにお金をつかわなければ、成功することが難しい仕事でもあります。

お客さんに指名してもらうためには、どんどん自分を磨かなくてはいけませんので、出費がかさんでしまうのも水商売の特徴です。

ときにはお金を借りてでも、自己投資する必要があるのですが、水商売はお金を借りにくい働き方と言われています。

それでは水商売で働く人はお金が必要なときにどこでお金を借りればいいのでしょう。

ここでは水商売でも、お金を借りることができるところについて紹介します。

 

水商売とは?どんな職業

どんな仕事

国語辞典によると、客の人気によって収入が左右される商売のことを指しています。

料理屋、飲食店全般が含まれますが、一般的に、キャッシングが利用しづらいというイメージがあるのは、次のような夜に働く商売です

  • キャバクラ嬢
  • ホスト・ホステス
  • スナック・キャバレー店員(男性含む)
  • ガールズバー店員

ヘルスやピンサロなどの風俗店なども含めて考えることもできます。

一般的に水商売といえば、夜にお酒の接待をする仕事の人たちという解釈になります。

 

水商売がローン審査に落ちるのは、勤務歴が短いから

水商売勤務がローン審査に落ちる理由
誤解 職業的にイメージが悪いから
実態 職場を変わる人が多く、勤務歴が短いから

そもそもの勘違いとして、水商売をしているとカードローンをすることができない。

正規の金融機関からお金を借りることができないという誤解を多くの人が持っています。

金融機関がお金を貸すかどうかを決めるのは、仕事の内容ではなく、継続した返済が可能かどうかということです。

他の職業の方と審査基準に変わりはありません。

水商売の人が審査に落ちやすいのはひとつのお店に長いこと勤めるのではなく、次々とお店を変えていることにあります。

同じ場所に継続して勤めていない人は傾向として、自己破産をしたりしてお金を返せなくなる人が多いです。

そのため、金融機関は安心してお金を貸せないとして審査で落とすことになります。

この傾向は銀行のようなしっかりとした金融機関ほど強くなります。

消費者金融などは銀行などに比べてまだ審査が緩くなります。

それでもやはり、新しい職場に移ったばかりというような人にはなかなかお金は貸してくれません。

ただし、ここまでで説明した条件と反対の人であれば、水商売で働いていてもお金を借りることに大きな障壁はありません。

ひとつのお店で長く働いている人であれば、水商売が理由でカードローンの審査に落ちることはありません。

水商売の場合は年収も決して少なくないはずですので、金融機関にしてみれば、優良なお客様になる可能性すらあります。

ただし、ひとつのお店で働いているだけでは、まだ審査に通るには不十分です。

次に水商売で働く人がカードローンを借りるためのコツを紹介します。

 

水商売の人がカードローンの審査を通すコツ

審査通す注意点

水商売の人がカードローンの審査に落ちにくいポイントをいくつかまとめました。

  1. 一つの職場で安定した収入を得ている
  2. 在籍確認対策をする
  3. 総量規制の範囲内で少額利用する

一つの職場で安定した収入を得ている

繰り返しになりますが、一つの職場で一定期間、安定して収入を得ていることがひとつの目安になります。

勤務条件はアルバイトやパートでもかまいません。

勤務歴や年収の目安が難しいですが、年数は半年以上、年収は最低でも100万円以上は必要になります。

あとは申込先の審査次第です。

 

在籍確認対策をする

カードローンの申請をするときに、勤務先と勤務先の電話番号を記入する欄があります。

まずここの勤務先にお店の名前ではなく、お店の法人名を記入してください。

水商売でも違法なお店でない限り、必ず法人名があります。

わからなければお店のオーナーに確認してください。

電話番号をそのままお店の番号を記入してください。

お店の電話を取る人には在籍確認の連絡が来ることを伝えておきましょう。

これで水商売だということで審査に落ちる可能性はかなり低くなります。

もし審査に通らなかったとしたら年収面や過去の滞納歴など他の理由が考えられます。

 

総量規制の範囲内で少額利用する

カードローンはいきなり100万円借りるよりも、2箇所で50万円ずつ借りるほうが簡単です。

なので、利用は最小限に留めておきましょう。

また、滞納なく返済し続けていると、融資の枠が広がり借りやすくなります。

そういった意味でも、最初は少額利用にしておくほうが得策です。

 

水商売向けのキャッシングは安全か?

水商売向けキャッシング

水商売の人がお金を借りる場所のひとつが、水商売向けのキャッシングです。

キャバ嬢向けキャッシングや、ホステス向けキャッシング、レディースキャッシングなどと呼ばれているものになります。

水商売向けのキャッシングの特徴は下記のようになります。

  • 短時間審査、即日融資可能
  • 来店不要、スマホからの申し込みが可能
  • 低金利をアピール

急いでお金を借りたい、手軽にお金を借りたい。

そんな水商売で働く人たちに最適な水商売向けのキャッシングですが、そんなうまい話があるのでしょうか?

実は水商売向けのキャッシングの多くが闇金融のキャッシングです。

審査も甘く、即日融資してもらえ、金利も低い。世の中にはそんなにうまい話はありません。

闇金融の手口は様々ですが、返済日が1週間から10日と返済サイクルが短く、通常の消費者金融の金利の10倍以上も取られ、なかなか元本が減らないシステムです。

「水商売でもOK!」のようなアピールをしているところはまず間違いなく危険です。

うまい話に釣られないように気をつけてください。

 

在籍確認に偽装会社は利用しない

水商売の場合は、お店のほうで偽装会社を用意しているケースがあります。

どういうことかというと、実際に営業をしていない実態のない会社があり、そこにお金を払えばその会社の社員として働いていることにしてくれるのです。

偽装会社を使えば、在籍確認も問題なくクリアできます。

水商売のお店を経営している親会社が偽装会社も経営し、ホステスやキャバ嬢などに使わせるのです。

とても合理的に思えますが、これは完全な違法です。

どこのお店でもやっていることではありますが、誰もがやっているから自分も使っていいという理屈にはなりません。

在籍確認に偽装会社を利用するように言われた場合は、カードローンでお金を借りるのを諦めるか、もしくはそのお店では働かないようにしてください。

 

まとめ:職業的なハンディはない。むしろ給料が高い分有利な面もある

以前は水商売というだけでお金を借りられない時代もありました。

いまはもうきちんと返せる人には金融機関がお金を貸してくれる時代です。

むしろ、キャバ嬢やホストなどは日当が高く、勤務日数は少なくても月収が高いという面で、他の職業のアルバイトや自営業の人よりも有利な場合があります。

できるだけ長くひとつのお店で働き、上記で紹介した方法を利用して、正攻法でお金を借りるようにしましょう。

-職業別
-, , ,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.