免許証・健康保険証なしでも借りられるカードローンはある?

投稿日:2017年2月17日 更新日:

免許証を持っていない

カードローンを利用しようとするときに必ず必要になる身分証明書。

若い人には運転免許証をまだ取得していないという人もいますよね。

さらに健康保険証を親が管理しているというようなことがあります。

このような場合の身分証明書はどのように考えればいいのでしょう?

ここでは免許証や健康保険証なしでもカードローンを利用するための方法や、身分証明書の基本的な考え方について説明します。

 

カードローンを利用するには身分証明書は必須

お金を貸す場合は犯罪収益移転防止法という法律により、利用者の住所・氏名・生年月日を金融機関が確認しなくてはお金を貸してはいけないことになっています。

これは銀行でも消費者金融でも同じです。

もし、カードローンの利用に身分証明書が不要だったらどうなるでしょう?

偽名を使ったり、他人の名前を利用したりすることで金融機関から騙してお金を借りようとする人が出てきてしまいます。

その結果として金融機関はお金の回収ができなくなり倒産してしまうかもしれません。

金融機関は法律を守るためにも、自分の会社を守るためにも利用者の本人確認を必ず行います。

まずは身分証明書なしでお金を貸してくれる金融機関はないということを、まず頭に入れておきましょう。

 

身分証明書として利用できる本人確認書類

カードローンの利用には本人確認書類としての身分証明書が必須である理由を、分かってもらえたかと思います。

それでは実際にどのような身分証明書が本人確認書類として利用できるのかについて説明します。

 

運転免許証や健康保険証の位置づけ

身分証明書として最も信頼度が高いものが運転免許証です。

こちらは国が発行しているもので、なおかつ顔写真が載っています。

偽造でもされていな限り、最も信頼できる本人確認書類とされています。

健康保険証は身分証明書として使うことができますが、顔写真が掲載されていないという点で、単体での利用はできないようなケースがあります。

健康保険証のように顔写真がない本人確認書類は、原則として他の本人確認書類や、公共料金などの領収書が必要になります。

 

運転免許証や健康保険証なしのときに使える本人確認書類

運転免許証や健康保険証なしの場合に使うことができる、本人確認書類で代表的なものを下記にリストアップします。

【顔写真あり】

  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 各種福祉手帳

【顔写真なし】

  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • 年金手帳

顔写真ありのものは単体として本人確認書類に利用することができます。

顔写真が掲載されていないものは、健康保険証と同じように他の証明書と組み合わせることで利用できるケースがほとんどです。

これらの証明書を利用できる場合は、運転免許証や健康保険証なしでも、ほとんどのカードローンを利用することができます。

ただし、金融機関によって本人確認書類として使うことができる身分証明書が違います。

必ず事前に代用できる書類を確認しておきましょう。

 

免許証や健康保険証なしでカードローンを利用するときの注意点

身分証明書

免許証や健康保険証なしでもカードローンの利用は可能ですが、いくつかの注意点がありますので、まとめて紹介します。

  • 代用となる身分証明書が有効期限内である
  • 身分証明書の住所が現住所になっている

まず身分証明書となる書類が有効期限の範囲内であることが重要です。

住民票の写しなどを利用する場合は「発行から○ヶ月以内のもの」と期限を設定されます。

きちんと効力のある身分証明書を用意するようにしてください。

また、運転免許証でも引越しなどによって現住所と記載住所に相違がある場合は、本人確認書類としての役割を果たすことができません。

住所変更手続きを行ってから身分証明書として利用するか、他の書類を併用して利用するようにしましょう。

ちなみにパスポートの住所欄は手書きですので、身分証明書としては情報が不足していると判断されることがあります。

念のため、住所がきちんと書かれている書類も用意しておきましょう。

-借入審査
-,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.