【危険?】CASHアプリで、買い取り依頼してわかったデメリット

投稿日:2018年6月5日 更新日:

001

いまメルカリやヤフオクの天下を揺るがせている買い取りアプリがあります。

それが「CASH」です。

リリースされるや否や利用者が殺到、一時休止を経て復活した経緯を持ちます。

 

ネット上での意見はおおむねこんな感じ。

  • 「CASHは危険!」
  • 「CASHより実際の取引のほうが安心できる」
  • 「全くべつのものを送ったらどうなるの?」

ただこれらの意見はCASHリリース直後のもので、刷新されていないものがほとんど

DMMに買収されて以降、サービス内容もかなり変わってきたようです。

 

ここではCASHアプリを実際に利用してみたレポートをご紹介します。

どんな時に使えるのか、本当に安全なのかなども解説していきます。

 

↓ダウンロードはこちらをタップ↓

512x512bb appstore
gplay_ja

→【関連】無料!バンドルカードの使い方解説|ブラック・無職でもクレカ代わりに持てる

 

CASHを実際に使ってみたらこうなった!

まずはapp storeからインストールして、アプリを開きます。

0001

簡単なチュートリアルのあと、電話番号を入力する画面になります。

※退会したあとは一定期間、同じ電話番号で登録できなくなるようです。

0002

 

登録した電話番号宛てにSMSで認証番号が届くので、それを入力します。

0003

 

認証が終わったら、画面下のメニューから「キャッシュ」を選びます。

002

2017年12月現在は、朝の10時からと、夜の8時からのみ査定が開始されます。

開始時間になった直後はアプリが重たくなるので、30分程度したらトライしてみてください。

 

ブランド、カテゴリを選び、最後にコンディションを選びます。

003

 

商品全体が映るよう、アイテムを撮影します。

004

すると…

005

すぐに査定結果が表示されました!

※エラーが発生する場合、一度アプリを再起動してください。

ここで「キャッシュにする」を選択すれば、「ウォレット」に入金されます。

もちろんウォレットに入れたあと、キャンセルすることもできます。

 

あとはウォレット内で振込手続きを行えばOK!

「アクティビティ」からアイテムの集荷依頼をかけて、無事送付できれば完了です!

 

そもそもCASHってどんなアプリ?

キャッシュアプリ

「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる」

CASHのコンセプトや内容はこの1文に凝縮されています。

実際に利用してみてもわかる通り、写真撮影だけで商品をお金に換えられるアプリです。

商品は集荷に任せられるうえ送料無料なので、ほとんど負担がありません。

またキャッシュはウォレットにたまり、銀行振込でいつでも引き出すことができます。

 

リリース当初は「質屋アプリ」、現在は「即時買い取りアプリ」。

このCASHというアプリについて、もう少し詳しく解説していきましょう。

 

1日の買取額は1000万円まで

CASHでは、1日の買い取り上限額を1,000万円までに定めています。

上限額を超えてしまうと、その間は査定が受けられなくなります。

 

2018年6月現在も、朝10時~と、夜8時~にリセットが行われているようです。

ただ話題になった時期に比べかなり落ち着き、夕方でも問題なくキャッシュ可能になっています。

 

買い取り最低価格が1000円にアップ!

リリース直後の買い取り最低額は500円でした。

しかし復活後、DMM買収後と時間を経て、買い取り最低額が1,000円にまで上がっています。

どんなに状態の悪いものでも1,000円から買い取ってもらえる、ということになります。

 

「あとでキャッシュ」で1週間後に入金可能に

2018年2月には「あとでキャッシュ」というシステムが追加されました。

アイテムを撮影するところまでは同じですが、「あとでキャッシュ」を選択すると、査定の予想額が表示されます。

先にアイテムを発送し、商品がキャッシュに到着したあと精密な査定を経て、1週間後にウォレットに入金される、というシステムです。

一般的な買取業者とほとんど同じですので、より専門性を求めるのであれば、ブランディアなどの業者と検討してもよいでしょう。

写真を撮影しただけで査定予想額が出るのはすごいのですが、ダンボールなどの用意が必要なのは大変ですね…。

→ブランディア宅配買取の詳細はこちらをタップ

どんなものが売れる?ブランドのアパレル商品がメインです

「CASHではどんなものが売れるのか、なんでも売れるのか?」

例えば目の前のペットボトルを送れるのかというと、それはNOです。

 

CASHでは、「カテゴリ」と「ブランド」、「コンディション」を選んで商品を撮影します。

現在はアパレルブランドが多く、iPhoneなどのガジェットも買い取ってくれるようです。

2018年6月現在では、カテゴリに「金券・商品券」「外貨」が追加されています。

ブランドは一覧から選択するか、文字検索で探して選択しましょう。

 

カテゴリでは以下のなかから当てはまるものを選択し、写真を撮影します。

  • メンズファッション
  • レディースファッション
  • キッズファッション
  • ガジェット
  • 金券・商品券
  • 外貨

アパレル・ファッションのカテゴリでは、さらに以下の項目から売りたい商品を選びます。

  • トップス
  • ジャケット/アウター
  • パンツ
  • オールインワン
  • スカート
  • ワンピース
  • スーツ/ネクタイ
  • バッグ
  • シューズ
  • ファッション雑貨
  • 財布/小物
  • アクセサリー
  • 帽子

 

キャッシュの引き出しはどうする?コンビニか銀行振込でOK

商品がキャッシュ化されたら、その金額がウォレットにたまります。

引き出し方法は「コンビニ」か、「銀行振込」を選ぶことができます。

コンビニ 銀行振込
引き出し限度額 300円以上1万円未満 300円以上
特徴 ローソン「Loppi」で利用可能 平日14時までなら即振込
備考 受取期限があるので注意 土日祝、平日14時以降は翌営業日

※いずれも引き出し手数料に250円かかります。

また1万円以上受け取る場合は、本人証明書類の撮影、提出が必要になります。

運転免許証や各種健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードが対象です。

(マイナンバー通知カードや個人番号カードは使えません)

 

集荷はヤマト運輸。集荷希望日や時間を選ぶことができる

キャッシュを引き出したら、2週間以内にアイテムを送る必要があります。

アイテムを送るには、アプリ内でヤマト運輸に集荷をかけることになります。

送料無料で発送することができ、集荷希望日や時間帯を選ぶことができます。

 

ダンボールや、しっかりとした紙袋に商品をまとめておきましょう。

ひとつあたり160サイズ以内、重さは25kgまでに留めておけばOKです。

 

メリットやデメリットは?とにかく今すぐにお金が必要な人向けのアプリ

002

「でも、CASHを使うメリットってある?」

ネット上の情報では、CASHに関するデメリットのほうが目立ちますよね。

 

CASHの一番いいところは、とにかくすぐに買い取りが行えること。

例えば、メルカリやヤフオクで出品して、購入者を待つ時間がありません。

これを含めて、CASHのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

CASHを使う3つのメリット。断捨離にも大活躍してくれます

  • すぐにキャッシュを引き出せる
  • どんなものでも1,000円以上になる
  • 断捨離に有効活用できる

CASHのいいところは、ウォレットにたまったキャッシュをすぐに引き出せる点です。

平日14時までに手続きを済ませれば、登録した銀行口座にすぐ振り込まれます。

また最低買取価格が1,000円になり、コンディションの悪いものでも査定に出すことができます。

クローゼットの断捨離をしたい時や、引っ越しの時には大いに大活躍してくれますね。

 

CASHを使う3つのデメリット。アカウント凍結のおそれもあるかも

  • 受付対象外のアイテムは査定に出せない
  • 取引期限を超過すると利用停止になる
  • 買取専門店に出したほうが高く売れる場合もある

一方で、CASHでは現在登録されていないブランドのアイテムは査定に出すことができません。

これは禁止行為のひとつとされており、違反すると利用停止になることもあります。

また、ジャンルごとの買取専門店に査定してもらったほうが高く売れる場合もあります。

 

CASHはとにかく早くお金を作りたい、手間をかけたくない人向けの買い取りサービス

商品によっては、買取専門店できちんと査定すれば、より高額な買取額がつくものもあります。

しかし、そんな時間や手間をかけていられない、という時にこそCASHの出番です。

朝10時からの査定時間に間に合えば、その日のうちにある程度のお金が用意できます。

 

DMMに買収されて以降、今後は1日の買い取り上限額が増えていく可能性が大きいです。

いつでもどこでもキャッシュが利用できる、という日は、そう遠くないかもしれませんね。

 

CASH利用時の注意点。違反すると利用停止以上になることも…

003

元々CASHというアプリは、性善説で成り立っているといっても過言ではありませんでした。

写真と違う商品を送付したり、返金しないままでいる人もいるかもしれませんよね。

とにかく会社側のリスクが大きく、それゆえ利用者にもリスクがあるのでは、と心配されていました。

 

現在では利用規約が一新され、禁止行為とする項目も増えています。

ここではCASHを利用するときの注意点について解説していきましょう。

  • ブランドものしか売れないの?
  • 偽のブランド品を売るとどうなるの?
  • もし写真と違うものを送付したらどうなる?
  • 集荷依頼をしなかったり、返金しないとどうなる?
  • なんで本人確認書類がいるの?

 

ブランドものしか売れないの?

現在は登録されているブランドの商品しか売却できないようです。

姉妹ブランドや派生ブランドであっても、リストに名前がないものに関しては不可のようです。

 

偽のブランド品を売るとどうなるの?

公式の「ルールとお願い」ページにもあるように、偽ブランド品・コピー品の売却は違法です。

「商標法」「不正競争防止法」などに違反するため、刑事罰の対象となります。

  • 商標法:10年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金
  • 不正競争防止法:5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金

参考:http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/2012hontai.pdf

 

もし写真と違うものを送付したらどうなる?

ネット上の記事でよくあるのが、「ペットボトルでも査定額が出た」という写真ですよね。

実は、これでそのままペットボトルを送付するのは禁止行為になっています。

商品の撮影前に、ブランド、カテゴリ、コンディションを決定しますよね。

その3つの項目と送付された商品が著しく異なる場合、アカウントの利用停止措置が行われます。

 

集荷依頼をしなかったり、返金しないとどうなる?

キャッシュを引き出したあと、商品を送らないままでいると大変です。

もちろん、アプリを利用できなくなるだけではありません。

  • 法的手段を取る
  • 第三者機関による請求を行う

公式の「ルールとお願い」にはこのような記載があります。

利用規約32条4項にも、「損害賠償の請求を行うことができる」とあります。

悪質なケースの場合、訴訟、裁判に発展することを示唆していると思われます。

CASHはDMMに買収されているので、しっかりとした対処を行ってくることが予想されます。

 

なんで本人確認書類がいるの?

スマホで本人確認書類を撮影して提出…というのが不安という方もいるかもしれません。

しかし、こちらは「本人確認義務」で、古物営業法で定められているものです。

違反すれば営業停止、営業許可取り消しなどの処分が科せられます。

刑事罰の場合、6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科せられます。

 

1万円以上の取引がある場合には、必ず身分証明書を提出しなければいけません。

健康保険証を提出するとき、裏面に住所がある場合は裏面もアップする必要があります。

ネット記事にもあるような、「個人情報を抜かれている」のではありません。

 

メルカリNOWとのちがい。即時買い取り市場とは?

now

即時買い取り市場の先駆けとなったCASH。

しかし、CASHとまったく同様のサービスが、メルカリからもリリースされました。

→メルカリNOWについて詳しくはこちら

 

メルカリNOWとはどんなサービス?CASHとの違いはほとんどない

メルカリNOWとは、メルカリ内でできる即時買い取りサービスです。

 

営業形態としてはCASHとほとんど変わりません。

商品ブランド・カテゴリ・状態を選び、撮影して査定。

その後は2週間以内に送料無料の集荷でアイテムを送ればOKです。

 

買い取り金はメルカリの売上金の中に入ります。

あとはメルカリ内の買い物に使うか、振込申請で現金として受け取るか選べます。

 

CASHとの大きな違い。振り込まれるまでに時間がかかることも

メルカリNOWとキャッシュの大きな違いは、お金の振込日です。

CASHは平日の14時までであれば即座に振込が行われます。

「とにかくすぐに」を叶えてくれるところが、CASH最大のメリットでしたよね。

 

しかしメルカリNOWでは、毎週月曜日が振込申請の締め切りです。

その締切日から数えて4営業日経たないと、現金の振込が行われません。

詳しく確認したい方は、メルカリ内の「振込申請とスケジュール」から確認してください。

また金額が1万円を超えない場合、申請には210円の手数料がかかります。

 

こうした点から見ても、「とにかくすぐに」の方は、CASHのほうが向いていると言えます。

 

まとめ:今すぐ商品をキャッシュにしたい…!暫くは時間との戦いになりそう

今回は即時買い取りアプリ「CASH」についてご紹介してきました。

現在は午前10時からと午後20時からのみ、商品の査定を受け付けているようです。

かなり早くに上限いっぱいになってしまうので、暫くは時間との戦いが続きそうですね。

もちろんブランド商品がないと利用できませんが、画期的なサービスであることには間違いありません。

 

今後さらにこういった「即時買い取り」サービスが増えてくることが予想されます。

それぞれのメリット・デメリットをしっかりと把握したうえで、一番使いやすいアプリを選んでいくようにしましょう。

 

ですが、なかにはCASHを利用できないけど、すぐにお金が必要という方もいると思います。

現在は即時買い取りサービスだけでなく、即日でお金を借りる方法も多数あります。

お金を借りる方法をたくさん知っておくことで、いざという時に備えておくことも重要です。

→【関連】無料!バンドルカードの使い方解説|ブラック・無職でもクレカ代わりに持てる

 

↓ダウンロードはこちらをタップ↓

512x512bb appstore
gplay_ja

-借りる方法
-

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.