クレジットカードで借りる。キャッシング枠を利用する時の注意点

投稿日:2016年10月28日 更新日:

クレジットカード

クレジットカードを持っている人で、キャッシングをしたことある人もいるかと思います。

給料日前にちょっとお金を借りる。

何気なく行っているキャッシングですが、実際にキャッシングの仕組みなどを理解していない人が少なくありません。

ここではクレジットカードのキャッシング枠について、その基礎知識とキャッシング枠を利用するときの注意点について解説します。

 

キャッシング枠とは?ショッピング枠との違いは?

キャッシング枠?

クレジットカードのほとんどが、ショッピング枠とキャッシング枠を用意しています。

クレジットカードには下記の機能が備わっています。

  • ショッピングの支払いをする機能(ショッピング枠)
  • お金を借りることができる機能(キャッシング枠)

これらを別々だと考えている人がいるかもしれません。

正確には、ショッピング枠の一部をキャッシング枠として使うことができます。

例えばショッピング枠が30万円で、キャッシング枠が10万円だったとします。

1ヶ月にこのクレジットカードで使っていいお金の上限は30万円で、そのうちの10万円がキャッシングとして利用していいということになります。

 

キャッシングの金利はいくら?

キャッシングをしたときの金利はどのクレジットカードを利用しても、年利18%になると覚えておきましょう。

これは、法律で定められた10万以上100万円未満貸し出すときの上限金利の18%になっているためです。

クレジットカードによっては金利が15〜18%となっていることがありますよね。

これは利用限度額が100万円以上あるケースで、クレジットカードのキャッシング枠が100万円以上あることはほとんどありません。

多くの人にとってはキャッシングの金利は18%前後になります。

 

キャッシング利用方法と流れ

キャッシング枠で借りる

キャッシングを利用するにはまず、クレジットカードのキャッシング枠の設定をする必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠が設定されていない場合は、クレジットカード会社のウェブサイトからキャッシングの設定を行います。

その後実際にキャッシングをすることになりますが、大きく分けて2種類の利用方法があります。

  • 銀行口座に振込み
  • 現金の引き出し

銀行口座への引き出しはインターネットや、電話で行うことができます。

現金を引き出す場合はコンビニや銀行などのATMを利用して引き出します。

 

キャッシングの返済方法

借りたお金は返さなくてはいけませんので、キャッシングの返済方法についても紹介しておきましょう。

キャッシングの返済方法は2つあります。

  • 一括払い
  • リボ払い

考え方はショッピングをしたときと同じで、ショッピングと違うのは借りたお金の利子を払う必要があるということです。

返済方法はお金を借りるときに決めることになります。

一括払いの場合は、クレジットカードの返済日に借りたお金とその利子を支払い、返済完了となります。

 

リボ払いの場合は、利用残高に応じて設定された返済額を毎月返していくことになります。

例えば30万円借りたときの毎月の返済が1万円と決められている場合は、毎月1万円ずつ、利子も含めて返し終えるまで返済を続けることになります。

利用時に一括払いにした場合でも、あとからリボなどで、リボ払いに変更できるクレジットカードもあります。

反対にリボ払いを一括払いにすることはできません。

ただし、繰り上げ返済することで実質的な一括払いとすることは可能です。

 

キャッシング枠利用の注意点

注意点

キャッシング枠をとても便利なのですが、使い方を間違えると泥沼のような借金生活になることがあります。

そうならないために、ここではキャッシング枠を利用するにあたっての注意点をチェックしましょう。

 

リボ払いは繰り上げ返済する

一括払いできない場合に便利なリボ払いですが、リボ払いは返済期間が長いため、返済総額が膨れ上がってしまいます。

どうしても返済できない場合を除き、リボ払いで借りたお金は、出来る限り繰り上げ返済してください。

 

計画的に利用する

一度キャッシングの便利さを知ってしまうと、キャッシングすることが当たり前の思考になってしまいます。

手軽に借りることができるため、最初は「少しだけ」のつもりだった…。

なのに、気づけば利用限度額いっぱいまで借りて返済に苦しんでしまうこともあります。

キャッシングに限ったことではありませんが、キャッシングをするときは返済計画をしっかり立ててから借りるようにしましょう。

 

カードローンとキャッシングどちらがおすすめ?

生活資金などのお金を借りる方法は、キャッシングの他にカードローンがあります。

キャッシングとカードローンはその違いが分かりにくいため、どちらも同じだと考えている人もいますが、実は明確な違いがあります。

キャッシング カードローン
返済方法 一括払い・リボ払い 分割払い
融資額 10万~50万 10万~500万
金利 高く 低い
審査期間 長い 短い

リボ払いがあるとはいえ、本来はいまちょっと不足しているお金を前借りして、来月返すというような使い方をするものです。

そのためキャッシングで借りられるお金も50万円以下がほとんどで、100万円以上借りるようなケースでは利用できません。

またクレジットカードの場合は、キャッシング枠がない状態から、キャッシング枠を作るための審査は1週間近くかかります。

これに対してカードローンの審査は最短30分で完了します。

すでにキャッシング枠を持っている人が、来月返すことができるけど、いまどうしても数万円借りたいというようなケースではキャッシング枠が手軽でおすすめです。

それ以外のケースではカードローンがおすすめです。

金利も低く、大口融資を受けられ、審査もすぐに終わります。

カードローンできるのに、あえてキャッシングをするメリットはどこにもありません。

もちろんカードローンの審査に通ることが前提ですが、借りられるならカードローンを選びましょう。

 

まとめ 少額ならキャッシング枠の利用が便利

クレジットカードにキャッシング枠が設定されているなら、キャッシングは最も簡単にお金を借りる方法になります。

大口融資などはできませんが、数万円をちょっと借りたい。

そのようなときにキャッシングは最適です。

ただし、無計画な借入から家計が破綻してしまうこともありますの.

利用するときはきちんと返済計画を立てたうえで借りるようにしましょう。

-借りる方法
-,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.