【はじめてのキャッシング】お金の借り入れは何円からできる?各社の情報を集めてみた

投稿日:2018年5月16日 更新日:

001

いざお金を借りるとなると、色々不安なことは多いですよね。

スマホやパソコンから申し込めるとはいえ、誰かに尋ねながら契約を進めたい方も多いと思います。

 

なかでも気になることの1つとして、「いくらから借りられるの?」という疑問もあるのではないでしょうか。

これは金融機関によってバラバラで、1万円の場合もあれば、10万円単位でしか借りられないところもあります。

また融資上限額や返済額もバラバラなので、複数社からの借り入れを考えている方は混乱してしまうかもしれません。

 

そこでここでは、はじめてキャッシングをする方に向けて、各金融機関の融資額をまとめてご紹介します。

また毎月の返済額についても合わせて解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

キャッシングっていくらから借りれる?大手消費者金融と銀行系カードローンを調べてみた

002

今月あとちょっとだけお金が足りない!そんな時に便利なのがカードローンです。

でもどんなに少額とはいえ借金は借金。

借りるにあたっては不安や心配ごとも多いですし、いくらから借りられるのかも分からない方が大半ではないでしょうか。

ここからは早速、大手消費者金融と有名な銀行系カードローンの情報をまとめていきましょう。

 

大手消費者金融はいくらからいくらまで借りれる?融資上限額は低めに申し込もう

それでは最初に、大手消費者金融がいくらからいくらまで借りられるのか比較してみましょう。

アコム 1万円~800万円
プロミス 1万円~500万円
SMBCモビット 1万円~800万円
レイクALSA 1万円~500万円
アイフル 1万円~800万円

大手消費者金融5社では、すべて「1万円」からの借り入れが可能になっています。

融資上限額はそれぞれ異なるものの、少額から借りられるのは心強いですね。

ちなみに申し込み時の利用限度額は、できるだけ少なめに設定しておくと審査の目が厳しくなりません。

例えばレイクALSAであれば、「10万円まで」という選択肢があります。

絶対に審査に通りたいのであれば、まずは少額の借り入れ申し込みからはじめましょう。

ただし融資上限額が低くなるほど金利は上がりますので、自分の収入と要相談です。

 

有名銀行系カードローンはいくらから借りれる?

それでは続いて、有名な銀行系カードローンはいくらから借りられるのか見ていきます。

三菱UFJ銀行バンクイック 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円
りそな銀行カードローン クイックカードローン:10万円~200万円
プレミアムカードローン:10万円~800万円
ゆうちょ銀行カードローン
(スルガ銀行との業務提携)
10万円~500万円
(初回は300万円まで)

有名な銀行系カードローンを見てみると、いずれも「10万円」からの借り入れとなっています。

確かに少額の範囲ではありますが、10万円からとなると返済の負担も気になるところ。

どちらかというと融資上限額に幅を持たせている印象がありますね。

大手消費者金融に比べると、「長期的に利用したい」場合に向いていると言えるでしょう。

 

ちなみに…ネット銀行のカードローンはいくらから借りれるの?

最近では実店舗のある銀行より、ネット銀行をよく使う方も多いのではないでしょうか。

ネット銀行にもカードローン商品はありますので、比較して確認しておきましょう。

楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円
じぶん銀行カードローン 10万円~800万円
ソニー銀行カードローン 10万円~800万円
オリックス銀行カードローン 10万円~800万円
住信SBIネット銀行カードローン プレミアムコース:10万円~1,200万円
スタンダードコース:10万円~300万円
ジャパンネット銀行カードローン 10万円~1,000万円
イオン銀行カードローン 10万円~800万円

ネット銀行からの借り入れも、その全てが10万円単位での借り入れとなっていました。

少額ずつ借りたい方にとっては、ちょっと悩ましい金額と言えそうですね。

ただ融資上限額は安定して800万円以上、なかには1,000万円を超える銀行もありました。

いずれもネットからの申し込みに対応しているので、利便性も高く使いやすいのが特徴です。

 

少額だけ借りたいなら消費者金融で契約したほうがいいかも

ここまでの結論としては以下の通りです。

  • 大手消費者金融各社は1万円から借りられる
  • 銀行系カードローンは、例えネット銀行でも10万円から
  • 短期間で少額だけ借りるなら大手消費者金融が有利
  • 長くお金を借り続けるなら銀行系カードローンが有利

極端に言えば、あと5万円だけ借りたいから、と銀行系カードローンに申込むのはNGなんですね。

キャッシングはその人の状況や使用用途に応じて、うまく使い分けることが重要です。

 

毎月いくらから返済するの?支払いの負担をできるだけ少なくしたい方向け

003

有名なキャッシングがいくらから借りられるのかわかったところで、次に気になるのは返済。

毎月の返済額が膨らんで、いざという時返せなくなってしまうのも困ります。

実は各金融機関によって、「毎月の最低返済額」が大きく異なります。

借入額にもよりますが、できれば毎月の負担は軽減させたいですよね。

ただ負担を減らす=返済期間が長くなる、ということなので、油断は禁物です。

 

大手消費者金融の最低返済額はいくらから?シミュレーションが必要な場合もある

まずは、大手消費者金融の最低返済額を見ていきます。

アコム 借り入れ後の残高に一定の割合をかけたもの(要シミュレーション)
プロミス 借り入れ後の残高に一定の割合をかけたもの(要シミュレーション)
SMBCモビット 4,000円から
レイクALSA 4,000円から
アイフル 支払いサイクルなどによって異なる(要シミュレーション)

アコムやプロミスでは、契約時の融資上限額に合わせて、「借り入れ後の残高に一定の割合をかけたものが最低返済額」となります。

借入額や上限額により毎月の返済額が変動するため、必ず公式サイトでシミュレーションを行いましょう。

またSMBCモビットやレイクALSAでは、毎月4,000円からの返済も可能となっています。

 

有名銀行カードローンの最低返済額はいくらから?

続いて、有名銀行カードローンの最低返済額を確認、比較してみます。

三菱UFJ銀行バンクイック 1,000円から
三井住友銀行カードローン 2,000円から
みずほ銀行カードローン 毎月10日現在の利用残高(1万円未満まで)
りそな銀行カードローン 借入額が1万円以下の場合全額返済
ゆうちょ銀行カードローン
(スルガ銀行との業務提携)
3,000円から

※毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。

大手銀行系のカードローンでは、最低返済額が数千円から決められるようになっています。

なかでもバンクイックは毎月1,000円からの返済も可能なので、生活費を圧迫することがありません。

ただし毎月の返済額が少なくなると、返済期間が長期化、いつまでも元金が減らない、という事態も考えられます。

そのためみずほ銀行やりそな銀行では、1万円以下の借り入れの場合、その全額を返済するようになっています。

くれぐれも借りすぎて返済を長期化させないよう、注意したいところですね。

 

ちなみに…ネット銀行カードローンの最低返済額はいくらから?

それでは、ネット銀行系カードローンの最低返済額も一緒に比較して見ていきましょう。

楽天銀行スーパーローン 2,000円から
じぶん銀行カードローン 1,000円から
ソニー銀行カードローン 2,000円から
オリックス銀行カードローン 7,000円から
住信SBIネット銀行カードローン 2,000円から
ジャパンネット銀行カードローン 3,000円から
イオン銀行カードローン 1,000円から

ネット銀行系カードローンでは、ほとんどの場合数千円代からの返済が可能です。

いずれも借入額によって変動しますが、比較的負担が少なくできるのはありがたいですね。

また楽天スーパーローンではポイントも貯められるので、普段使いしている方は優先的に検討してみてくださいね。

 

まとめ:少額から借りられて、返済額も少なめに…借りすぎには要注意!

お金を借りられる機関はたくさんありますが、それぞれ特徴が大きく異なっています。

消費者金融では少額から借りられますが、返済額はシミュレーションを行った上で確認しましょう。

銀行・ネット銀行系のカードローンでは、大半が10万円からの借り入れになります。

返済額は借入額によって異なり、1,000円単位で返済できることも少なくありません。

ただしその分返済期間が長くなり、実質的な負担が大きくなるケースが増えています。

カードローンを利用する場合は、必ず無理のない返済額にすることはもちろん、借りすぎてしまわないよう気をつけてくださいね。

-借りる方法
-,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.