クレジットカード現金化12人の口コミ評判から見える安全性と悪質業者

投稿日:2016年11月17日 更新日:

クレジットカードの現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化を実際に体験した人の経験談をもとに、問題と対策についてまとめます。

クレカ現金化は、10年以上前から行われている方法です。

キャッシング枠を全て使いきってしまったなどの理由で、カードローンが利用できない人を中心に今も密かに行われています。

 

クレジットカード現金化とは?手続きと流れ

現金化の方法

経験者の口コミを紹介する前に、クレカショッピング枠の現金化の手法や流れについて紹介します。

どこにメリットがあって、どこに問題点があるのかまとめました。

キャッシュバック方式

クレカ現金化には、2つの方式があります。

ひとつがこのキャッシュバック方式です。

クレジットカードのショッピング枠を利用して、買い物をします。

一昔前は、飴玉や石ころなど価値が全くないものを購入させられ、購入価格の差額を申込者に支払うというかなりグレーな手法が横行していました。

2016年現在では、かなり減少しています。

Amazonギフト券、Google Playカードなど金券をクレジットカードで購入し、カードを送ると、その何割かが引かれて、振り込まれるというのが主流です。

金券など高額で軽量のものが多いので、通販の現金化業者に多い傾向があります。

 

買い取り方式

こちらは、文字通り、申込者がクレジットカードを利用して購入したものを、現金化業者が買い取る形式になります。

新幹線のチケットや家電製品など品物は様々です。

キャッシュバック方式と似ていますが、一番の違いは、キャッシュバック方式は現金化業者自体が、クレジットカードの加盟店になっていることです。

そのため、買い取り方式は、クレカの加盟店でない、古物商や買い取り業者がやっていることが多いです。

 

メリットは、誰でもできて、スピーディーなこと

簡単でスピーディー

クレジットカードショッピング枠の現金化のメリットは、クレカを持っていれば誰でもできることです。

貸金業法の関係で、消費者金融から借りられない専業主婦などは、すぐにキャッシング枠はいっぱいになってしまいます。

そうなれば、闇金などの真っ黒な違法業者から借りるしかありません。

もうひとつは、手続きがスピーディーということです。

要は商品を買うショッピング枠の余裕さえあれば、誰でも利用できますので、カードローンのような審査があるわけではありません。

即日で現金化することも可能です。

また、見かけ上利用者は、クレカで購入した商品代金を返済するだけなので、家族にもバレにくいというメリットもあります。

 

デメリットは高金利であること

デメリットは単純にワリが悪いということです。

例えば20万を借りるために25万円分の金券を購入したとしましょう。

換金率は80%になります。

もし同じ20万円を消費者金融から借りて、25万円を返済しなければいけないとなると、年利25%になります。

現在の利息制限法に基づく法定金利が、18%上限なので、かなり高金利になります。

しかも通常1ヶ月で返済することになるので、かなりきつい返済だと言えます。

 

自分で現金化すればいいのではないか?違法性の問題

違法性

自分のクレカで金券を購入したものを業者に売るのであれば、自分で購入してヤフオクなどで売ればいいのではないか?と思うでしょう。

たしかにそのほうが、業者の中間マージンが入らない分、自分の取り分は多くなります。

しかし、現金化を直接の目的としたクレジットカードの利用は、クレカ会社の規約で禁止されています。

ここにキャッシュバック業者や買取業者が入ることで、非常にグレーではありますが、完全に違法とは言い切れない状態になるわけです。

 

優良店の条件。換金率の相場について

今回、この記事を書くにあたって、12人のクレジットカード現金化利用者に聞き取りをしました。

質問の中で、換金率についても聞いています。

12人の回答をもとにした、換金率の平均、最高・最低は以下のとおりです。

  • 平均換金率:86.8%
  • 最高換金率:94%
  • 最低換金率:75%

最高と最低では、換金率にかなりの開きがあることがわかります。

最低を回答した75%の方は、5,6年前に新幹線のチケットを購入したそうです。

少し前のことなので、記憶がさだかでないとのことでした。

最高を回答した94%の方も、3,4年前にAmazonのギフト券を換金したそうなので、あまり年数の古さは関係ないようです。

特徴としては、ホームページに換金率90%以上と大きく謳っている業者が多い中、それを下回る換金率で現金化する業者も未だに多いということです。

 

クレカ現金化利用のきっかけは、ローンが組めないことから

次にクレカ現金化を利用したきっかけについて聞いてみました。

予想通りというか、最も多かった回答は、すでに金融機関で複数の借り入れがあり、利用せざるを得ない状況だったというものです。

特に女性に多い理由です。

中には、失業中で収入証明が出せないので、頼らざるを得なかったという人もいました。

かなりグレーなやり方だとは思いますが、無職の人でもクレカを現金化すればお金を借りれるということになります。

あと、少数ですが、カードローン審査を受けるのが怖かったという人もいました。

まだまだ、消費者金融から借りるというのは、ハードルが高いことなのでしょうか。

 

悪徳業者について。意外にも業者の対応は良好なところが多い

対応が良く

もうひとつ、業者の対応についても利用者に聞いてみましたが、こちらはほぼ全員、対応はよかったということです。

  • スピーディーな対応だった
  • 初めてだと伝えると、丁寧に説明してくれた
  • 対応してくれたオペレーターは優しかった

このように、悪い印象を持っている人はいません。

クレカ現金化といえば、闇金業者と一緒にされかねない、悪徳というイメージもあると思いますが、優良な業者も多いということになります。

余談ですが、借りたお金の返済については、これは現金化業者ではなく、クレジットカード会社にすることになります。

つまり、現金化業者は借金の取立て業務がないことになります。

そういった面で、いわゆるドスのきいた怖いお兄さんを雇う必要がないのかもしれません。

 

まとめ:最後の砦としての利用もやはりデメリットは大きい

クレカ現金化利用者へのアンケートの最後の項目で、「利用した感想」について聞いたところ、便利だけど、罪悪感もある。

便利だけど金利が高いという意見が多く、便利さを認めつつも、あまり積極的には利用したくないという意見が多かったです。

また、利用者の中には、後日、同業者から大量のDMが届いたという人もいます。

これではせっかくバレずに利用できると思って、現金化利用しても、ムダになりますね。

無職の人や融資枠が残っていない人、ローン審査が不安な人にとっては便利な存在ではあります。

優良業者の見分けが難しく、金利も高いためデメリットも大きいと言えます。

利用者責任の元、最小限に留めたいところですね。

-借りる方法
-,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.