個人間融資で借りる。LINEや掲示板で個人からお金を借りるのはだめな理由

投稿日:

個人間融資とは?

インターネットが普及し、掲示板やSNSで誰もが気軽に繋がれる時代になりました。

そうした時代の流れを利用して、LINEや掲示板を利用した個人間融資が増えています。

手軽にお金の貸し借りができる個人間融資ですが、このような場所でのお金を借りるのは避けてください。

ここではLINEや掲示板を使った個人間融資の危険性と、利用しないほうがいい理由について紹介します。

 

ネット上でやりとりされる個人間融資とは?

インターネット検索で「個人間融資」と調べると、個人間融資の掲示板が出てきます。

また、ツイッターでも多くのアカウントが個人間融資を呼びかけています。

これら以外にも、毎日のようにハッシュタグを使ったツイートが行われています。

明らかに個人アカウントではないのに、「個人間融資します」と言っているツイートもあります。

なかにはソフト闇金のツイートも紛れており、いずれも怪しいアカウントしかありません。

こうしたアカウントからは絶対に借り入れないようにしてください。

(参考)ソフト闇金から借りる。ソフトでも安全にお金を借りることは絶対できない

 

基本的には、貸したい人と借りたい人がそれぞれに書き込むスタイルです。

その書き込みに対して興味がある人が書き込みをしたり、直接メールを送ったりするようなこともあります。

しかし実際には業者の宣伝ばかりで、荒れている掲示板も少なくありません。

以前はメールでのやり取りが多かったのですが、アドレスは簡単に作ることができるので信用度が低いという問題がありました。

そこで最近は、認証が必要なLINEのアカウントを掲示板に掲載し、貸し借りを行なっています。

 

個人間融資の特徴とは?

  • 自己責任でお金の貸し借りを行う
  • 細かな審査を行うことなくお金の貸し借りを行う
  • 相手の素性を知ることなくお金の貸し借りを行う

個人間融資には上記のような特徴があります。

普通の感覚では怖いなと感じるようなことですよね。

しかしどこからもお金を借りることができない人は、なんとかしてお金を借りようと必死になっています。

そのため、「怪しいかな」という感覚を持たないまま利用してしまいます。

 

個人間融資に違法性はないのか?

違法性はない?

個人と個人が自由にお金を貸し借りするのは違法ではないの?

そう思う人も多いかもしれません。

しかし個人間融資が違法だとすると、手持ちのお金がなくなった時、友だちから借りることも違法になってしまいます。

そのため、個人と個人でのお金の貸し借りは法律で縛られていません。

「友だちだからいい」「親戚だからいい」というような範囲付をしたくても、親族はともかく友だちの定義付けはできません。

知らない人同士でも「自分たちは友だちだ」と言えば認められることになります。

ただし、自由な個人間融資でも、守らなくてはいけない法律があります。

 

それが出資法利息制限法です。

例え個人でのお金の貸し借りといえども、法律で定められた以上の金利でお金を貸し借りすることは禁じられています。

 

個人間融資の金利について

個人間融資そのものには違法性はありませんが、守らなくてはいけないルールがあります。

  1. 出資法
  2. 利息制限法

それぞれの違いについて細かく見ていきましょう。

 

出資法による金利

個人間融資について出資法では、年109.5%という金利を上限とすることと定めています。

正確には1日あたり0.3%の金利となります。

この法律には罰則があり、「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはその両方」の処罰を受けることになります。

 

利息制限法による金利

出資法という法律とは別に、利息制限法というものがあります。

利息制限法には罰則がありません。

しかし個人間融資では出資法による金利ではなく、利息制限法による金利が適用となります。

利息制限法による利息

  • 10万円未満:上限金利 年20%
  • 10万以上100万円未満:上限金利 年18%
  • 100万円以上:上限金利 年15%

個人間融資ではこの金利以上での融資がほとんどです。

例えば「10万円貸します。1ヶ月後に10万9千円を返してくれるならお貸しします」というような書き込みが、掲示板などにあります。

出資法としては合法ですが、利息制限法を適用すると1ヶ月で10%もの金利がつくのは明らかに違法です。

このように利息制限法を無視した金利での貸し借りが頻繁に行われているのが、LINEや掲示板を利用した個人間融資の特徴です。

 

個人間融資で発生しやすいトラブル

個人間融資のトラブル

個人間融資は明らかにリスクが高く、トラブルが発生しやすいのですが、お金が必要な人にはそのリスクが見えにくくなっています。

個人間融資を検討している人は、まずこの個人間融資で発生しやすいトラブルについて頭に入れておきましょう。

  • 法外な利息を請求される
  • お金を貸してもらえず個人情報を取られる
  • お金を借りてみたら相手が闇金融業者だった

 

法外な利息を請求される

上記でも紹介しましたが、個人間融資では違法金利での貸し借りが基本となっています。

個人間融資を利用する方は、金融機関からの借入ができなくなった方が多いです。

貸す側からすると金融機関よりもリスクが高くなるため、高金利にしないと損をする可能性があります。

また借りる側の足元を見て高金利を提案してくることもあります。

いずれにしても高額な利息を請求されて、返済できずに債務整理するしかなくなるようなことがあるので注意してください。

 

お金を貸してもらえず個人情報を取られる

個人情報を取られる

個人間融資の場合は、貸す側のリスクを減らすために、金融機関と同じように個人情報を請求されることがあります。

氏名や住所、電話番号だけでなく勤め先まで伝えた結果、そのまま連絡が途絶えてしまうようなケースがあります。

これは個人情報だけを抜き取り、それらの情報を闇金融などに売られている可能性があります。

本人確認書類(免許書のコピー)を利用して、勝手にお金を借りられてしまうこともあります。

 

お金を借りてみたら相手が闇金融業者だった

個人でお金を借りられると思って利用したら、相手が闇金融業者だったというようなことも珍しくありません。

むしろ掲示板を利用している貸し手の多くが闇金融業者です。

高金利で貸付されて、いくら返済しても返済額がまったく減らないように、搾り取られ続けるのが闇金融の恐ろしいところです。

LINEや掲示板を利用した個人間融資では、そのような闇金融業者につかまってしまう可能性がとても高くなります。

 

個人間融資でよくある詐欺業者の手口

詐欺業者

それではLINEや掲示板を利用した個人間融資でよくある詐欺業者の手口について紹介します。

借りた相手がここで紹介する業者だった場合は、絶対に利用しないようにしましょう。

  • 保証金や手数料を請求する
  • わいせつな写真や行為を要求してくる
  • 出会い系サイトやFX口座の開設を求められる

上記がよくある詐欺業者の手口になります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

保証金や手数料を請求する

お金を借りようとしているのに、返済能力の確認をする、と言われることがあります。

「とりあえず5万円を保証金として振り込んでください」と言われて振り込んだら、そのまま連絡が途絶えてしまうことがあります。

「保証金」「手数料」のような名目でお金を支払わせようとする業者は、間違いなく詐欺業者です。

 

わいせつな写真や行為を要求してくる

お金を貸す条件として、わいせつな写真を撮って送るように要求してくることがあります。

実際に会ってわいせつな行為を求められることもあります。

写真を送るとその写真を利用して「ネットで拡散されたくなかったらお金を払え」と脅されるようなこともあります。

写真くらいいいかと安易に要求に応じないようにしましょう。

 

出会い系サイトやFX口座の開設を求められる

個人間融資でお金を貸す代わりに、指定されたサイト経由で、出会い系サイトやFX口座の開設を求められることがあります。

これにより登録料が貸主に払われる仕組みです。

悪質な業者の場合は、開設したあと連絡が途絶えてしまうことがあります。

 

あやしい書き込みの特徴

怪しい書き込み

掲示板を利用して個人間融資を行う場合には、掲示板の書き込みで安全な貸主可判断する必要があります。

ここではあやしい書き込みについて、その特徴を紹介します。

  • 大手消費者金融を名乗る
  • 「貸します」という書き込み

よくあるケースが、大手消費者金融の名前で貸そうとすることです。

あたり前ですが、大手消費者金融は個人間融資の掲示板などを利用して融資することは100%ありません。

また「貸します」と断言するのも危険です。

「貸します」という表現は貸金業に触れる可能性があります。

そのため、個人で「貸します」というような表現を使うことはありません。

「ご相談ください」くらいであればまだいいのですが、「貸します」と断言しているのはほとんどが闇金融業者です。

 

まとめ 個人間融資のほとんどは闇金か詐欺業者

個人間融資は掲示板やLINEなどで手軽に行える貸し借りです。

金融機関からお金を借りることができない人は利用したくなりますよね。

しかし、貸し手の多くが詐欺業者か闇金融だということをしっかり頭に入れておきましょう。

どこからも借りられなくなった知らない人に、お金を貸してくれる心優しい人なんて世の中にいません。

あるとしても闇金融以上の違法な金利になることがほとんどです。

個人間融資でお金を上手に借りられる可能性はほぼゼロに等しいと考えて、できるだけ利用を避けるようにしてください。

-借りる方法
-, ,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.