メルカリNOWはまだ使えない?!CASHとの比較まとめとデメリット

投稿日:2017年12月8日 更新日:

0001

利用者も増え、何かと話題にあがることが多くなったフリマアプリ「メルカリ」。

そんなメルカリから、「メルカリNOW」という新しいサービスが開始されました。

 

これは商品を撮影するだけで査定され、その金額で買い取ってもらえるというもの。

いわゆる「即時買い取りサービス」で、先駆けとしては「CASH」というアプリがあります。

ここではそんなメルカリNOWについてご紹介していきます。

CASHとの違いについても触れていますので、参考にしてみてください。

当サイトは、金融機関を含めた「お金を借りる方法」についての情報サイトですので、借入に関心がある方はこちらを御覧ください。

→すぐにお金を借りる方法一覧はこちら

 

メルカリNOWとはどんなサービスなのか。「メルカリ」アプリ内の新サービス

now

メルカリNOWとは、「メルカリ」アプリ内で利用できる新しいサービスです。

メルカリでは通常商品を出品したあと、買い手が現れるまで待たなければいけません。

またコメントで交渉したり、値下げを行うなど何かと手間がかかるケースもあります。

 

メルカリNOWではメルカリがアイテムの査定を行い、その場で買取価格が決定します。

また買い取り金はメルカリアプリ内の「売上金」に入金されることになります。

 

使い方はCASHとほぼ一緒。アイテムを撮影するだけでOK

メルカリNOWの使い方はいたって簡単です。

1 メルカリアプリ内の「NOW」タブへ移動(初回のみ誕生日登録が必要)
2 アイテムを撮影するボタンから、ブランドとカテゴリ、状態を選ぶ
3 全体が映るようにアイテムを撮影する
4 すぐに査定額が出るので、納得できたら「お金に変える」ボタンをタップ

たったこれだけで、売上金にお金が入金されることになります。

その後は2週間以内に、査定したアイテムを送付しなければいけません。

アイテムを送付するときは、必ずメルカリ内から集荷依頼をかけます。

 

現在はファッションや服飾雑貨がほとんど

2017年12月現在、査定に出せるアイテムはファッションカテゴリーがほとんどです。

ただ、カテゴリは今後順次拡大していくと公式サイトに記載されています。

将来的には本やCDなどのメディアなども査定に出せるようになればいいですね。

 

集荷は無料でOK!アプリからヤマト運輸に集荷依頼できる

集荷依頼はアプリ内から可能です。

自分でヤマト運輸の窓口に持ち込んでも送付できないので注意しましょう。

「集荷依頼待ちのアイテム」から、期限を確認して発送するアイテムを選択していきます。

※2017年12月現在、3点以上まとめると集荷ボーナス500円がもらえます!

集荷先の住所と希望日、希望時間を入力後、「集荷依頼する」ボタンをタップすればOKです。

 

アイテム集荷における要注意点

  • まとめたアイテムは必ずひとつの箱(紙袋)などにまとめる
  • 箱(紙袋)のサイズは160cmまで
  • 1回の集荷で1つの箱(紙袋)の引取りになる
  • まとめられるアイテムの最大数は10個まで

「何点でも送料無料」とありますが、1度に送れるアイテムは10点までのようです。

11個以上入れると取引がキャンセルされ、入金が取り消されることになります。

 

メルカリNOWの大きなデメリット3つ。買取額がそれほど大きくならないかも

002

大変便利なメルカリNOWですが、実はデメリットがあります。

  • 査定額の低さ
  • 現金振込の遅さ
  • 取引時間の短さ

 

査定額がそんなに高くない…

まずは、査定額がそこまで高額にならないという点。

メルカリNOWに先駆けたアプリ「CASH」では、最低買取価格を1,000円としています。

メルカリNOWではそうした下限額が設定されていないので、買取額が極端に安くなることも。

この場合、買取専門店に出したほうが高額になるケースも少なくありません。

 

現金振込には早くても4日かかる…

メルカリNOW最大のデメリットは、現金振込までに時間がかかることです。

実はメルカリの現金振込システムには、「申請期限」と「振込日」が定められています。

期限は毎週月曜日で、実際に振り込まれるのはそれから4営業日あとになります。

もちろんその間に土日を挟んでいると、現金を受け取れるのはもっとあとになります。

メルカリ内で使うこともできますが、すぐに現金が欲しい、という方には向きません。

 

取引可能時間が短すぎる…

また、メルカリNOWでは一日の買い取り上限額を1,000万円にしています。

この情報は毎朝10時にリセットされますが、利用が集中するためあっという間に終わります。

ですがこれでは、普段会社に勤務している方などは一切利用することができませんよね。

土日ではさらに利用者が殺到するため、ろくに査定を行うこともできません。

 

CASHでは「朝10時」「夜8時」に情報リセットが行われるので、まだチャンスの幅があります。

しかしそれでも、査定エラーなどの不具合が少なからずあるようです。

CASHでもメルカリNOWでも、今後利用可能時間の幅が広がるよう祈るばかりです。

 

こんな人はメルカリNOWを使えない?利用時の注意点

003

意外な落とし穴も多いメルカリNOWですが、利用する際にはいくつかの注意点があります。

  • 未成年は利用できない
  • 偽ブランド品、コピー品を売るのは違法行為
  • 違反行為が合った場合は容赦なく通報される

 

未成年は利用できない

メルカリNOWは買い取り事業のため、未成年者の利用はできません。

これは同じ即時買い取りアプリであるCASHでも同様です。

 

偽ブランド品、コピー品を売るのは違法行為

また偽ブランド品やコピー品を売ると、「商標法」「不正競争防止法」などに違反します。

これらは刑事罰と対象となり、以下の罰則が科せられます。

商標法 10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金、またはその両方
不正競争防止法 5年以下の懲役、または500万円以下の罰金

 

参考:商標法

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=334AC0000000127&openerCode=1

参考:不正競争防止法

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=405AC0000000047&openerCode=1

 

違反行為が合った場合は容赦なく通報される

最近ニュースでも話題になったように、メルカリではあらゆるものが出品されていました。

一時は違法行為の温床とも言われ、現金の出品は記憶に新しいですよね。

そのためメルカリは現在、警察や公共機関と積極的な連携を行っています。

犯罪抑止はもちろん、通報、パトロールを積極的に行っているようです。

メルカリNOWで違反行為を起こした場合、即刻通報される可能性も否めません。

参考:https://about.mercari.com/csr/safety/

 

まとめ:メルカリNOWで売るのはちょっと待って。緊急性はどのくらい?

基本的にはなんでも売ることができるメルカリ。

今回はもっと便利なメルカリNOWというサービスについてご紹介しました。

 

しかし、すぐにでも売りたい!という気持ちは少し抑えたほうがいいかもしれません。

査定額が低く、入金にも時間がかかります。

それならばきちんとした買取専門店に持っていったほうが高くつく可能性が高いです。

また時間も現在は朝10時からのみなので、査定を受けられるかどうかも怪しいラインです。

 

とにかくすぐ売りたい、という場合は、即日で入金してもらえるCASHの利用がいいでしょう。

こちらも朝10時、夜8時からのみ利用できますが、査定額も高く、入金も早いです。

アイテムの送付方法はどちらも変わらないので、自分にあったほうを利用していきたいですね。

 

しかし、どちらも利用できないけど、すぐにお金が必要…という方も多いと思います。

このサイトでは、お金を借りるための様々な方法をご紹介しています。

即時買い取りだけでなく、様々な方法がある、ということだけでも覚えておいてくださいね。

→CASHについてこちらで詳しく解説しています!

→すぐにお金を借りる方法一覧はこちら

-借りる方法
-

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.