ソフト闇金から借りる。ソフトでも安全にお金を借りることは絶対できない

投稿日:2016年10月28日 更新日:

ソフト闇金

闇金からお金を借りる…。

高金利すぎて返済に苦しくなり、厳しい取り立てが始まるというイメージがあるかもしれません。

 

ところが最近は強烈なイメージの闇金が少なくなりました。

金利も以前よりも低く、取り立ても厳しくないソフト闇金と呼ばれる業者が増えています。

 

金融機関からお金を借りることができない人にとっては、闇金よりも使い勝手が良さそうなソフト闇金。

実際の利用は本当にソフトなのでしょうか?

ここではソフト闇金の実態について解説しますので、気になる人はチェックしておいてください。

 

ソフト闇金業者とは?

そもそも闇金にソフトもハードもあるのかと思うかもしれません。

ソフト闇金は簡単に説明すると、「応対がソフトな闇金」です。

闇金のイメージはヤクザがバックにいて、お金を借りに来た人たちに対して威圧的なことが多いです。

が、ソフト闇金は普通の金融機関と同じような応対でお金を借りることができます。

ただし、基本的には立場の弱い人に貸付を行うので、これまでの闇金業者と変わりません。

単純に闇金融のこわいイメージをなくして、利用しやすくなったのがソフト闇金だと考えてください。

融資額の上限は、ほとんどの場合が10万円以下を初回の限度額として、何度も利用することで利息が下がっていくことが特徴です。

 

ソフト闇金業者と従来の闇金業者との違い

闇金との違い

ソフト闇金 闇金
申請 ネットでの申込が多い 携帯での申込が多い
金利 10日で2・3割 10日で5・6割
延滞の対応 遅延金の発生 職場への電話などの厳しい取り立て

ソフト闇金業者と従来の闇金業者の違いは、お金の借りやすさにあります。

電話の応対がしっかりしているだけでなく、金利も従来の闇金業者と比べてかなり低めに設定しています。

ホームページなどもあり、ソフト闇金はホームページ上から利用申込をすることも出来ます。

ほとんど普通の金融機関と変わりません。

むしろホームページだけを見ると、シンプルで分かりやすく、申し込みやすい環境になっています。

 

従来の闇金業者は少しでも滞納すると、職場に督促の電話をすることもありました。

また家や職場を問わず、どこにでも取立てにやってきました。

ソフト闇金の場合は厳しい取り立てではなく、延滞遅延金などが発生するのみです。

いいことだらけのように思えるかもしれませんが、金利が低いと言っても、従来の闇金業者よりも安い程度です。

完全に違法な金利での貸付になり、多くの人が返済に苦しむようになることには変わりありません。

すでに債務整理するしかない人でも借りられるので、完全に抜け出すことのできない泥沼にはまってしまうのです。

 

金利や契約方法、借り入れから返済について

ソフト闇金の流れ

それでは実際にソフト闇金から借りることを想定して、その流れを紹介します。

 

ソフト闇金の金利

ソフト闇金の金利は利用回数によって変わってきますが、初回はほとんどが下記のような条件での貸付になります。

  • 1週間20%
  • 10日間30%
  • 手数料3000円

ここで注意してもらいたいのが、年利で20%や30%というわけではないということです。

そして振り込まれる金額は、融資額から利息と手数料を差し引いた額になります。

 

仮に3万円を1週間借りたとして、実際に計算してみましょう。

借入額 利息 手数料 振込額
3万円 6,000円 3,000円 21,000円
30,000円-(6,000円+3,000円)

このように、利息の6千円と手数料の3千円を引いた2万1千円が指定口座に振り込まれることになります。

もちろん返済額は3万円借りているので、3万円の返済が必要になります。

 

ソフト闇金の契約方法

ソフト闇金の契約は簡単です。

利用したいソフト闇金のホームページで「申し込み」を行うことで、すぐに契約することが出います。

ソフト闇金のほとんどが実店舗を持たずに、ネットのみの申込受付になります。

契約書さえないケースがあります。

これは証拠を残さないためで、契約書があっても金利など細かいことが記載されていないものになります。

ホームページアドレスや屋号、メールアドレスもよく変更されますが、これは摘発対策です。

 

ソフト闇金での借入から返済までの流れ

ネット申し込みを行ったあと、ソフト闇金業者から申込内容の確認の電話があります。

その後、身分証明のための必要書類の送付を送ることになります。

審査を受けて、融資の可否と融資額が決まります。

融資額と利息などに関する同意ができれば、振込口座を連絡して、口座に振り込まれるのを待つことになります。

返済は返済期日の銀行の営業時間内である15時までに、指定の口座に返済額を振り込みます。

返済口座は返済日の当日まで教えてもらえません。

当日の午前中に担当者から連絡があり、振込口座を教えてもらえます。

ソフト闇金の場合は振込口座が頻繁に変わりますので、注意が必要です。

 

滞納するとどうなる?

滞納すると

ソフト闇金で借りたお金を滞納した場合は、ソフト闇金によっていくつかの対応方法に別れることになります。

 

通常の闇金業者と同様に厳しい取り立てを行う

ソフト闇金でも、そのソフトさ加減が様々です。

お金を返せなくなった途端、手のひらを返したように厳しい取り立てが始まることもあります。

従来のように職場に電話をしてくることもあれば、家にまで取り立てに来ることもあります。

ただしそのような方法は最近では少なくなっています。

ソフト闇金業者にとって利用者は大切な収入源ですから、簡単に追い込むようなことはしません。

返済方法について親身になって相談に乗ってくれたりもします。

しかし基本的には「返済するまで離さない」というスタンスは、従来型の闇金と変わりはありません。

 

延滞遅延金を払う

ほとんどのソフト闇金では、滞納をすることで延滞遅延金を請求することになります。

延滞遅延金は1日遅れるたびに1000〜5000円加算される仕組みです。

返済を先送りすることで、どんどんと延滞遅延金が積み重なります。

当然返すことが出来ませんので、「延滞遅延金だけでもいいから払ってください」ということになります。

延滞遅延金を払っても元本は減りません。

永遠に延滞遅延金を払い続けることになり、最初に借りた金額の何倍ものお金を返すことになります。

 

他のソフト闇金から借りて返済させられる

ソフト闇金業者によっては「他のソフト闇金から借りて返してください」と提案され、別業者を紹介されます。

そこから借りて元の借金を返しますが、次のソフト闇金の返済日がすぐにやってきます。

また返せずに他のソフト闇金業者から借りることになります。

多くの場合はこの無限ループにハマることになります。

もちろん紹介されるソフト闇金業者はすべて仲間内です。

上手にコントロールしてできるだけ多く搾り取るように連携して利用者を追い詰めていきます。

 

ヤミ金と付き合うこと自体がNGな理由

ダメな理由

どこからもお金を借りることが出来ずに、闇金融からお金を借りてしまうしか道が残されていないということがあります。

それでも闇金融からお金を借りてはいけないというのは無理があると、そう考える人も多いかもしれません。

ここでは闇金融の業者と付き合ってはいけない理由を紹介します。

  • 絶対に抜け出せないように追い込まれる
  • ルールを守らない取り立てをされる可能性がある
  • 違法営業に手を貸すことになる

基本的に闇金業者は違法行為と分かって違法行為を行う業者ですので、世の中の常識は通用しません。

そしてあの手この手を使って利用者から1円でも多く搾り取ろうとします。

一度利用すると二度と逃れることのできない蟻地獄のようなものです。

抜け出す唯一の手段は、弁護士に依頼して債務整理を行うくらいしかありません。

絶対に返済できない仕組みを作り、過度な取立てで利用者お追い込みます。

どんなことがあっても、ソフト闇金であっても利用してはいけません。

闇金業者はヤクザなどの資金源になっていることがほとんどです。

闇金業者からお金を借りるということは、そのような裏社会に対して資金提供しているようなものでもあります。

これは個人の問題だけではなく、社会全体の問題として闇金業者を利用してはいけない理由になります。

 

まとめ ソフト闇金・闇金は利用しない

利用しない

ソフト闇金はとても借りやすい闇金ですが、決して返しやすい闇金業者ではありません。

むしろ巧妙に張られた罠のようなもので、一度利用すると二度と抜けられなくなる可能性が高くなります。

生かさず殺さずのギリギリまで搾り取ってから捨てられる。

これがソフト闇金の実態です。

ソフト闇金でも従来の闇金でも利用している時点ですでに、債務整理するしかないような状態で、そこからの一発逆転というシナリオは用意されていません。

どんな理由があってもソフト闇金業者や従来の闇金業者を利用しないように注意してください。

-借りる方法
-,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.