【無料】バンドルカードの使い方解説|ブラック・無職でもクレカ代わりに持てる

投稿日:2018年6月15日 更新日:

001

今やどんなものも通販でポチッと購入できる時代です。

ですがクレジットカードを持っている方にとっては便利でも、様々な理由からクレジットカードを持てない方にとってはちょっと不便ですよね。

クレジットカードを利用できない方にオススメしたいのが「プリペイドカード」ですが、クレカほど馴染みのあるカードではありません。

 

ここでは「バンドルカード」という新しいスタイルのプリペイドカードを解説していきます。

バンドルカードとは、Visa加盟店で使えて、かつスマホからチャージできるタイプのプリペイドカードです。

またプリペイドカードながら「後払い」に対応していて、クレジットカードのように使うこともできます。

またクレジットカードと違って審査がないという点で、無職の方や過去に延滞などがあり、ブラックリストに載ってしまったという人でも持てるのが特徴です。

 

ですがまだまだ新しいプリペイドカードなので、使いやすいのかどうか、発行の手順なども気になりますよね。

バンドルカードの使い方や使える店舗、チャージの方法などについて、詳しく紹介していきます。

 

バンドルカードとは?Visa加盟店で使える後払いOKのプリペイドカード

002

バンドルカードとは、スマホアプリから利用できる新しいスタイルのプリペイドカードです。

バーチャルカードの発行までの手続きはとても簡単です。

IMG_9711

まずはAppStore、もしくはGooglePlayからアプリをダウンロードします。

 

IMG_9713

「アカウントを登録する」から、ユーザーID・パスワード・生年月日と電話番号を登録します。

 

その後、登録したSMSに認証番号が送られるので、その番号をアプリに入力。

すぐにスマホ内にバンドルカードが発行され、利用開始となります。

 

 

また実際の店舗などで使用できる「リアルカード」は、アプリ内で発行手続きを行うことができます。

バンドルカードについて、その他の詳しい商品概要をまとめて見てみましょう。

利用可能店舗 国内、海外のVisa加盟店
年齢制限 なし
※未成年の場合は保護者の同意が必要
有効期限 5年
発行手数料 バーチャルカード:無料
リアルカード:300円
リアルカード+:600円
年会費 無料
口座維持費 月100円
※120日間未利用の場合
チャージ限度額 1回あたり:3万円
月あたり:12万円
残高の上限額:10万円
有効期限内のチャージ額累計:100万円
チャージ方法 ポチっとチャージ
コンビニ
クレジットカード
ネット銀行
銀行ATM(Pay-easy)
ギフトコード など
返金 不可
海外事務手数料 4.5%

 

16桁の番号が発行されるので、クレジットカードと同じように利用できる

バンドルカードを発行すると、クレジットカードと同じ16桁のカード番号が発行されます。

これを利用すれば、ネット通販でクレジットカードが必要な場面でも、すぐに支払いを済ませることができます。

 

有効期限は5年間。チャージ上限額は1回につき3万円まで

バンドルカードはバーチャルカードに限り、発行手数料無料で利用することができます。

年会費も無料ですが、残高が100円以下になるとカードが解約されてしまいます。

また日ごと、月ごとにチャージ限度額が異なるので注意してください。

 

リアルカードが届くまでには2週間程度かかる

リアルカードの発行手続きはアプリ内から行うことができ、手数料として300円かかります。

ただし発行手続きからリアルカードが送付されるまでは2週間程度かかる、と思っておきましょう。

ネット通販に使用したいだけであれば、バーチャルカードでも充分です。

実際の店舗での支払いで利用したいときにだけ発行すると良いでしょう。

 

リアルカード+(プラス)とは?チャージ上限額が拡張されるカード

また、手数料600円を支払うことで、「バンドルカードリアル+(プラス)」を発行することができます。

大きく異なる点は「チャージ上限額」です。

  • 1回あたりのチャージ上限:10万円
  • 1月あたりのチャージ上限:200万円
  • 有効期限内のチャージ累計:上限なし
  • 残高の上限額:100万円

こちらも発行手続きから送付まで2週間程度かかり、カード番号やセキュリティコードが更新されます。

後ほど詳しく解説していますが、ガソリンスタンドや宿泊施設でも使えるようになります。

 

チャージの方法は豊富にラインナップされている。支払いは翌月末までに済ませればOK

バンドルカードの大きなメリットは、スマホで金額を決めてタップするだけで、プリペイドカードにチャージが可能な点です。

これだけならモバイルSuicaなどICカードでも可能ですが、どうしてもクレカが必要になります。

一方バンドルカードでは、チャージした額の支払いは翌月末までに済ませればOKです。

コンビニや銀行ATMだけでなく、以下のような支払い方法が取り揃えられています。

  • ドコモのケータイ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ビットコイン

 

「ポチっとチャージ」とは?バンドルカードの一番簡単なチャージ方法

バンドルカードを利用するには、まずカードに一定額をチャージしなければいけません。

チャージの方法は上記でも紹介した通りですが、最も簡単なのが「ポチっとチャージ」というものです。

003

まずはチャージ画面から「ポチっとチャージ」を選択します。

004

チュートリアルのあと、申し込みできる金額や手順が確認できます。

「ポチっとの申込みへ」というボタンをタップします。

006

氏名、生年月日、メールアドレスと電話番号を入力し、注意事項を確認しましょう。

007

入力した電話番号宛にSMSで認証番号を送ります。

008

認証番号を入力し、「認証する」ボタンをタップします。

009

認証が終わったら、チャージしたい金額を入力します。

この時金額によって500円じゃ800円の手数料がかかりますので、合わせて確認してください。

010

最後に支払額と支払期限を確認して「この内容で申込む」ボタンをタップします。

するとすぐに手続きが行われ、チャージ額が残高に反映されます。

その後は期限までに、コンビニか銀行ATM(ペイジー)で支払えばOKです。

 

バンドルカードのデメリット。使える金額と施設が限られていることに注意

011

クレジットカードを持っていない方にとって、バンドルカードはとても便利なカードですよね。

しかしそんなバンドルカードにも、いくつかのデメリットがあります。

 

返金対応は一切なし。間違ってチャージしたときも翌月末までに支払いが必要

バンドルカードでは、返金対応を一切受け付けていません。

  • 誤ってチャージしてしまった
  • 解約の際の残高

上記のような場合も返金はありませんので注意してください。

誤ってチャージしてしまった場合は、翌月末までに何らかの形で支払うようにしましょう。

また解約する際には残高を使い切ってしまうようにしましょう。

 

利用できない、もしくは制限されるサービスあり。今後変化する可能性も?

バンドルカードはAmazonや楽天など、一般的な通販サイトでの買い物には利用可能です。

しかし、一部サービスや施設では利用できないこともあります。

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払い・定期購買
  • 保険料の支払い
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 特急券
  • 本人認証が必要な加盟店

なお「リアルカード+(プラス)」は、ガソリンスタンドと宿泊施設での利用が可能です。

また、一部サービスでは利用が制限されていますので、詳しくは公式ページを確認してください。

参考:

https://support.vandle.jp/hc/ja/articles/227361888-%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8A%E5%BA%97%E3%82%84%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B-

 

支払期限を過ぎてしまうと遅延損害金が発生。債権譲渡が行われる場合もある

バンドルカードの支払期限は使用した月から数えて翌月末ですが、これを過ぎてしまうと年14%の「遅延損害金」が発生します。

さらにカードの利用停止や、第三者への債権譲渡等が行われる可能性があります。

悪質な利用者だと捉えられた場合は、取り立てが行われたり、最枠の場合裁判沙汰になったりすることもあるでしょう。

この注意事項はクレジットカードを利用する場合も同様ですが、できるだけ早めに支払っておくと安心ですね。

 

リアルカードが届くまでは2週間程度かかる。バーチャルカードだけでも充分対応可能

バンドルカードは基本的にスマホ内のバーチャルカードでも充分利用可能です。

アプリ内からリアルカードの発行手続きを行うことも可能ですが、現物のカードが送付されるまでは2週間程度かかります。

すぐにリアルカードが必要、という場合には向かない方法ですが、基本的にはバーチャルカードだけでも充分対応可能でしょう。

発行手数料もかかってしまうので、必要に応じて手続きを行ってください。

 

バンドルカードのメリット。紛失してしまってもアプリから一時停止できる!

012

バンドルカードの最大のメリットは「クレジットカードの代わりに使える」ことですが、それ以外にも便利なポイントはたくさんあります。

  • 紛失したり盗用されたりしてもアプリから一時停止ができる
  • 未成年でも親の同意があれば利用可能
  • 全履歴をさかのぼって確認することができる
  • 今後使いすぎ防止のアラート機能が実装予定

 

もしリアルカードをなくしてもアプリから利用停止設定ができる

リアルカードを発行して、一番心配なことが「もしなくしてしまったら…」というケースではないでしょうか。

クレジットカードの場合、クレジットカード会社に連絡して利用停止、という行程を踏みます。

しかしバンドルカードはアプリと連携していますので、アプリ内からカードの利用停止手続きが可能です。

紛失したり、不正利用されたりしても、すぐにカードを止めることができるのは安心です。

 

未成年でも親の同意があれば利用できる

クレジットカードは一般的に18歳以上(学生を除く)、かつ限られた限度額内でしか利用することができません。

また前提として安定した収入が必要になりますので、未成年の方の利用は難しいと言われてきました。

バンドルカードは未成年であっても、親の同意があれば利用することができます。

審査も必要なく、アプリのダウンロードだけでOKなので、今までネットで購入できず悩んでいた方は利用を検討してみてください。

 

全履歴をさかのぼって確認可能。使ってすぐ更新されるから安心

バンドルカードで利用した金額の履歴はすべて保存されています。

いつどこでお金を使用したのかひと目でわかるので、クレジットカードより管理が簡単です。

また使ったらすぐに明細が更新されるため、スマホからいつでも利用状況が確認できます。

 

今後使いすぎ防止のアラート機能が実装される予定!

また、今後は使いすぎや不正利用防止のアラート機能が実装される予定です。

指定した金額まで使ったら通知してくれたり、残高が足りなかったりした場合も通知してくれるので便利です。

 

まとめ:バンドルカードは持っていて損なし!今すぐアプリから発行手続きしてみよう

何らかの理由からクレジットカードが利用できない、というとき、バンドルカードはとても便利です。

今までのプリペイドカードと違い、支払い期限が翌月末であることもあって、クレジットカードと同じように使うこともできます。

リアルカードが必要であればアプリ内から手続き可能なので、一枚持っておいて損はないでしょう。

ただし返金対応ができないことや、利用できるサービスがいくつか限られていることは要注意。

クレジットカード同様、支払いに遅れてしまわないよう気をつけて利用しましょう。

 

-借りる方法
-,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.