【年収100万】低収入でもお金を借りる手段。バイト・フリーターでもキャッシングできる?

投稿日:

001

生活するにもお金が足りず、不用品売却や副業をしている方が増えてきています。

働いているのに収入が低いとなると、本業以外で稼ぐのは大変ですよね。

特に年収100万円の方は、月収に直せば8.3万円前後の収入です。

バイト、フリーターの方は、キャッシングを利用しようにも難しい、と考えているかもしれません。

 

でも実は、年収が低い場合でもお金が借りられる場所はあります。

闇金・ソフト闇金に手をつけなくても、お金に困った時には積極的に利用できます。

 

それでは、年収100万円前後の方がお金を借りるとき、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

このページでは注意すべき点と合わせて、本当に借りられるかどうかについて解説していきます。

 

年収100万でもキャッシングは使えるの?低年収でも借りるための条件とは

002

冒頭でもお話したとおり、年収100万円でもキャッシングは利用できます。

これは多くのカードローンが、「安定した収入」を第一の条件としているため。

例えアルバイトでも、毎月安定して給与がもらえているのであれば、審査に通る可能性は充分あります。

 

もちろん、国の制度や都道府県からの借り入れを利用する手もあります。

しかし実際に借りられるまで1~2ヶ月のラグがあり、即金が必要な場合には向きません。

 

ここではまず、年収が低い方がキャッシングを利用する時の条件を確認しておきましょう。

  • 銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンを選ぶ
  • 借りられる限度額は年収の1/3まで
  • 必ず返済できる範囲で借りるようにする

 

銀行カードローンより消費者金融?少額から利用したいなら消費者金融を選ぶべき

キャッシングは大まかに、銀行系カードローンと消費者金融カードローンに分けることができます。

銀行カードローンは一般的に審査が厳しいと言われていますが、最近では手軽に申し込めるようになりました。

毎月の収入に余裕があるのなら、銀行カードローンの利用も検討すると良いでしょう。

 

ただ年収100万円前後になると、例え銀行カードローンの審査に通ったとしても、その後の返済が大変です。

例えばみずほ銀行カードローンは、最低借り入れ額が10万円からとなっています。

他の銀行カードローンを見ても、10万円~50万円からの借り入れになっていることがほとんどです。

 

一方消費者金融は、なんと1万円からの借り入れも可能。

アコム、レイクALSA、モビット、プロミスなどの大手企業では、少額からの借り入れにも対応しています。

お金を借りられたとしても、自分ひとりで返せないほど借りてしまうのは避けたいですよね。

また消費者金融は即日での融資にも対応している場合が多いので、急ぎお金が必要になった時も安心です。

 

借りられる限度額は年収の1/3まで。年収100万円なら33万円まで

前項に合わせて確認しておきたいのが、借入可能な限度額です。

消費者金融では、基本的に借入可能な限度額は「年収の1/3まで」です。

これは借りすぎや多重債務を防ぐ「総量規制」というルールに基づいたもの。

年収100万円であれば、上限額は33万円までとなります。

 

つまり申し込む段階で上限額を選ぶ際、年収の1/3以上の額で申請すると、必ず審査に落ちてしまいます。

これは消費者金融であっても、銀行系のカードローンであっても同じです。

 

必ず返済できる範囲で借り入れるようにする。毎月の家計簿は必ずつけておくこと

お金を借りる際は当然気にかけておくべきですが、必ず返済できる範囲で借り入れるようにしましょう。

お金を借りて一時的に生活が楽になったとしても、その後返済に追われて更に苦しくなる…という方は少なくありません。

収入が低いのであればなおのこと、借入時は少額の借り入れに留めておくべきでしょう。

もしくは民間のカードローンで生活を食いつなぐ間に、公的な制度の申請を行うなど、他の補填策を考えたほうが良いでしょう。

 

フリーターが申し込む時に注意すべきこと。一番重要なのは勤続年数!?

003

前項で紹介したとおり、年収が低い方は基本的に消費者金融に申し込むことになります。

では、申請する際どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

  • 借り入れ上限額は一番低いものを選ぶ
  • 勤続年数は安定収入を示す重要な項目
  • 嘘や虚偽記載は必ずバレます
  • 過去5年間に支払いを延滞していませんか?

 

借り入れ上限額は一番低いものを選ぶ。審査に通るための第一歩

まずは借り入れの上限額を一番低い額に設定することが重要です。

ただでさえ収入の低いなかで借りようとしているなか、上限額を上げてしまうと審査を厳しくしてしまいます。

また収入の1/3以上借りることはできませんので、その時点で審査に落とされてしまうケースもあります。

できるだけたくさん借りておきたい、という気持ちもありますが、ぐっと堪えましょう。

 

勤続年数は安定収入を示すもの。長ければ長いほど有利に働く

申し込みを行う際、どこのカードローンでも必ず入力するのが勤務先の情報です。

勤務先の経営状態が安定しているかどうか…ではなく、本人の収入が安定しているかどうか確認するためのものです。

特に「勤続年数」は、その人がどれだけ長く同じ勤務先に勤めているか示すものです。

消費者金融は「安定した収入=安定した返済能力」を最も重視します。

長ければ長いほど審査においては有利になりますが、最低でも半年~1年程度は欲しいところです。

 

嘘や虚偽記載はバレた時が一番大変!一括で残債を返済しなければならないことも

こうした年収や勤続年数は、申し込み時に自分で記入するため、あくまでも自主申請です。

見栄を張ったり、虚偽の情報を書くことも可能ですが、こういった行為は絶対にやめましょう。

もちろんそれで審査に通った!という人もいるかもしれません。

しかし、こうした金融審査には「在籍確認」「信用情報の審査」など、様々な調査が入ります。

いつどんな時に、この虚偽の申請がバレてしまうかもわからないのです。

もしも虚偽申請がバレてしまえば、カードローンの利用停止、いま借りている金額を一括で返済しなければならないケースもあります。

 

過去5年間の支払い延滞で審査に落ちてしまうこともあります

年収の低い方が審査に落ちてしまうケースとして、最も多いのが過去の延滞情報です。

金融審査の際、貸金業者は必ず「申請者の過去の信用情報」を照会します。

例えば、過去5年の間に2ヶ月以上支払いを延滞していた場合、信用情報に「事故情報」が残ります。

貸金業者が信用情報を照会した際、この事故情報が残っていると、それだけで審査に落ちてしまうことになります。

 

まとめ:年収100万円でもカードローン申し込みOK!ただし注意点はいくつかあります

年収100万でもカードローンの利用は可能ですが、安定した収入が必要になります。

バイトでも毎月収入があれば大丈夫ですが、上限額に制限がありますので気をつけてください。

申し込む際には様々な注意点がありますが、これは収入が上がっても同様に気をつけるべき点です。

特に生活が苦しい時には無理に借り入れようとせず、一時的な補填として少額を借りるようにしましょう。

-人別
-,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.