【未成年】19歳以下でお金を借りる。親に内緒であと1万円借りたい時の解決策

投稿日:

000

どうしても今月お金がない…でもバイトもできないし、親の援助も受けられそうにない。

そんな時に利用できると便利なのはカードローンですよね。

しかし、カードローンの利用は基本的には満20歳以上からとなっています。

 

ですが、どうしてもお金が必要というとき、友人や知人に頼るのはトラブルのもと。

返済できない額を借りれば、そこで関係が破綻してしまうおそれもあります。

それでは、未成年でも借りられるキャッシングは存在しないでしょうか。

 

ここでは、18歳、19歳でもお金を借りる方法について解説していきます。

 

19歳・18歳でもお金を借りられる?ポイントはクレジットカードのキャッシング枠

001

冒頭でも紹介した通り、未成年の方は例え学生でなくても、カードローンからお金を借りることは原則としてできません。

これは民法上、未成年の契約はあとから取り消すことができてしまうため。

例えば、奨学金を借りた方は必ず親が保証人となり、同意のもとで契約しましたよね。

ひとりで契約ができるようになるには、成人するか、もしくは結婚しなければなりません。

極端に言えば、未成年の方が勝手にお金を借りて返済できなくなったとき、「そんな契約無効だ!」と言い張ることもできてしまうわけです。

 

せっかくお金を貸したのに契約が取り消されてしまえば、貸金業者はリスクを負うばかり。

そのため、大手消費者金融はほとんどの場合「満20歳以上」というルールを設けています。

また本人確認書類の提出を義務付けているため、虚偽の申請をすることは不可能です。

 

未成年でもお金を借りたい時には、大まかに以下の3つの方法を使うことになります。

  • クレジットカードのキャッシング枠を使う
  • ろうきんのカードローンを利用する
  • 学生ローン

 

学生でなければクレジットカードは作れる?18歳以上で働いている場合

アコムなどの消費者金融からお金を借りられなくても、クレジットカードは作れるかもしれません。

これはお金を借りる場合と違い、ほとんどの企業で「18歳以上(学生を除く)」というルールになっているためです。

 

rakuten

例えばCMでも有名な「楽天カード」も、18歳以上から申し込みが可能です。

申し込み時には年収や勤務先なども尋ねられますので、「毎月のお給料」がわかるものを準備しておきましょう。

 

クレジットカードには多くの場合、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が付帯しています。

一例として、楽天カードのキャッシングサービスの詳細を見てみましょう。

項目 詳細
借り入れ上限 1万円~90万円
金利(年率) 18.0%
返済方式 1回払い、リボ払い
別途審査 あり

楽天カードでは、カード申込み後にキャッシング枠をつけることができます。

利用には別途審査が必要で、審査の結果しだいで借り入れ上限額が変わります。

金利はほぼ最高レートの18%なので、高額な借り入れをすると返済が困難になる恐れもあるでしょう。

ですが19歳以下の方でキャッシングが必要な場合、こうしたキャッシング枠を利用するのはひとつの手段です。

 

ちなみに…バイトでもいいから収入がないと審査に落ちてしまう!

クレジットカードを作る際は、必ず「審査」があります。

ここで注意したいのは、バイトをしていなくて収入がない場合。

収入がなければ楽天カードをはじめ、どのカードに申し込んでも必ず審査落ちしてしまうことです。

クレジットカードは、クレジットカード会社が一時的にお金を立て替えて販売店に支払い、一ヶ月後にその立替分を私たちが支払うシステムになっています。

つまり収入が見込めず、1ヶ月先の支払いに間に合わないと思われる人には、クレジットカードを渡すわけにはいかないのです。

その基準のひとつとして「年収」や「勤務先」が尋ねられることになります。

ウソを書いても必ずバレてしまいますし、今後の申し込みもすべて審査落ちする恐れがありますので絶対にやめましょう。

 

他に未成年でも作れるクレジットカードはある?

前項では「楽天カード」を中心に紹介しましたが、実は他にも「学生専用」と銘打ったクレジットカードはいくつかあります。

lifecard

名前 親権者の同意 キャッシング枠
学生専用ライフカード 必要 0万円~10万円
リクルートカード 不明 0万円~30万円前後
三井住友VISAデビュープラスカード 必要 0万円~5万円

学生専用とうたっているだけあって、便利なサービスや機能が充実しているのが特徴です。

ただしいずれもキャッシング枠はかなり小さめで、親権者の同意が必要なので注意してください。

 

ろうきんのカードローン「マイプラン」なら未成年でも利用可能

すでに高校を卒業して就職している場合、ろうきん(労働金庫)のカードローンが利用できる場合があります。

勤め先がろうきんに出資していれば「会員組合員」として、一般のカードローンよりかなり低金利で借り入れが可能です。

また出資していなくても、「生協組合員」もしくは「一般勤労者」として借り入れが可能です。

項目 詳細
借り入れ上限 会員組合員の場合…10万円~500万円以内
生協組合員の場合…10万円~300万円以内
一般勤労者の場合…10万円~300万円以内
金利(変動金利) 6.150~8.550%(会員組合員の場合)
返済方式 毎月5,000円からの返済

ただし、ろうきんから借り入れるには、以下の条件を満たさなければなりません。

  • 満18歳以上(未成年者は親権者の同意書が必要)
  • 勤続年数が1年以上
  • 安定した継続収入があること
  • 前年度の年収が150万円以上
  • 保証を受けられること

特に「親に内緒で借りたい」と思っている人には、かなりハードルの高い条件ですよね。

冒頭でも紹介しましたが法律で定められている以上、未成年者が個人で契約を結ぶことはできなくなっているのです。

また1年以上の勤続年数が必要ですので、早い内にバイトを始めておく必要もありますね。

参考:http://chuo.rokin.com/loan/myplan/

 

学生ローンで借りる。やっぱり親に内緒で借りるのは難しい…

最後の方法は「学生ローン」という未成年専用のローン会社を頼ること。

金利は18%台とかなり高めで、かつ上限額はほとんどの場合100万円以下に設定されています。

また身分証明書には学生証や免許証、健康保険証の他に、学費の請求書なども必要です。

場合によっては親権者の同意が必要になることも多く、やはり親に内緒で借りるのは難しいと考えておいたほうが良いでしょう。

 

支払いを2ヶ月以上延滞すると大変なことになる!?返済する時の注意点

003

お金を借りるにしても、クレジットカードを作るにしても、安定した収入が大前提になります。

毎月の収入をしっかり証明し、親からの同意も得た上で借り入れを行うのがベストではあります。

しかし例えば「怪我や病気でバイトができなくなり、返済が難しくなった…」なんてことも考えられますよね。

その場合、とにかくできるだけ早く借入先に連絡することが重要なんです。

 

61日以上の支払い延滞で信用情報に傷がついてしまう

クレジットカードや借り入れで気をつけたいのが、「長期間にわたる支払いの延滞」です。

学生の方はあまり馴染みがないかもしれませんし、はじめての経験になる方も多いでしょう。

学校でも教わることはないので、必ず「2ヶ月以上はダメだ」と覚えておいてください。

 

事故情報が残っていると金融審査に通らなくなってしまう

なぜ「2ヶ月」なのかというと、多くの金融機関で「61日以上の滞納」がひとつのデッドラインとして定められているからです。

2ヶ月を過ぎると、「個人信用情報機関」に、支払い延滞の情報が残ることになります。

この延滞情報(事故情報)は、自分の申し出で消すことができません。

日本の個人信用情報機関は大きく3つありますが、いずれも完済から5年~10年経過しないと情報がなくならないようになっています。

この信用情報は金融審査をする上で必ず照会され、事故情報があればそこで審査落ちが確定します。

  • 新しい借り入れ
  • 新しいクレジットカードの作成
  • 今持っているクレジットカードの利用
  • 新しいローン組み
  • スマホ機種代金の月賦払い

一度延滞情報が残ると、上記のような弊害が長期間続くことになってしまいます。

特に最近はスマホの料金支払いの延滞で、事故情報が記録されるケースが跡を絶ちません。

また奨学金の支払いも、2ヶ月以上滞納すれば信用情報に延滞情報が残ります。

「ご利用は計画的に」と何度も念押しするには、こうした理由があるためです。

原因のわからない審査落ちに直面した時は、過去の支払いを確認し直す必要が出てきます。

クレジットカードを利用する際は、くれぐれも使いすぎてしまわないよう気をつけてくださいね。

 

まとめ:未成年が親に内緒で借り入れるのは難しい…逆に同意が得られれば簡単かも

未成年だからこそお金が必要!だけど勉強とバイトの両立はすごく大変です。

一人暮らしをして自分で生計を立てている人は、できれば借り入れで生活を楽にしたい気持ちもあると思います。

しかし親権者の同意なしでお金を借りることはとても難しい、ということをこのページで紹介してきました。

返済ができなくなってしまった時のことも考えると、例え許して貰えそうになくても、親に同意を得るという行程は必要なのかもしれません。

逆に同意が得られさえすれば借り入れの方法はいくらでもあります。

お金を借りなければいけない理由や自己責任であることをしっかり話して、経験値のひとつとして借りたい、と伝えてみるのも一つの手段です。

 

-人別
-, ,

Copyright© お金借りれるところまとめ|今すぐお金がいる人が使える15の方法 , 2018 AllRights Reserved.